【マツダ2 改良新型】車名変更で新たなスタート…プロアクティブSパッケージ・SKYACTIV-G[詳細画像] | Push on! Mycar-life

【マツダ2 改良新型】車名変更で新たなスタート…プロアクティブSパッケージ・SKYACTIV-G[詳細画像]

グローバル市場を見据えたマツダブランドの刷新につき、5ドアハッチバック『デミオ』は『MAZDA2(マツダ2)』に車名変更しマイナーチェンジを受けた。「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をテーマに開発が進められたマツダのエントリーモデルである。

自動車 ニュース
マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)
  • マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)
  • マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)
  • マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)
  • マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)
  • マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)
  • マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)
  • マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)
  • マツダ2 15S PROACTIVE S-Package AT仕様(SKYACTIV-G、4WD)

グローバル市場を見据えたマツダブランドの刷新につき、5ドアハッチバック『デミオ』は『MAZDA2(マツダ2)』に車名変更しマイナーチェンジを受けた。「日常を豊かにする上質なパーソナルカー」をテーマに開発が進められたマツダのエントリーモデルである。

ガソリンとディーゼル搭載モデルにそれぞれ、ノーマルグレード、「プロアクティブ」、「プロアクティブSパッケージ」、「Lパッケージ」が設定されている。

新世代車両構造技術「SKYACTIVビーグル・アーキテクチャー」を用い、操作に対する反応のリニアさと乗り心地の快適さをこれまで以上に高い次元で両立させた新サスペンションシステムや、高速走行時にスムーズで効率的な車両挙動を実現するG-ベタリング コントロール プラス(GVC プラス)、理想的な運転姿勢を維持することで頭がブレにくい新構造のフロントシートなどを採用した。


パワーユニットは1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と1.5リットル直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジン「SKYACTIVE-D 1.5」の2種類と6速ATまたはMTが組み合わさる。駆動方式は2WD(FF)と4WDの2種類が用意されている。WLTCモードでの燃費は17.2~25.2リットルとなっている。

プロアクティブSパッケージとLパッケージのAT車には、実用燃費を改善するi-ELOOP(減速エネルギー回収システム)をメーカーオプションで搭載可能だ。

車名の変更に合わせ行われた今回のマイナーチェンジでは、マツダのデザイン哲学“魂動デザイン”を踏襲し、フロント/リアバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、リアコンビランプを一新。プロアクティブSパッケージでは、シルバーメタリック塗装された15インチホイールが標準装備され、高輝度塗装が施された新デザインの16インチアルミホイールはメーカーオプションで装着可能となっている。外装色は、特別塗装色の「ソウルレッドクリスタルメタリック」などを含め全10色から選択が可能。


“The art of shade expression”をテーマに、3種類のインテリアを設定した。プロアクティブSパッケージでは、ネイビーブルーとブルーブラックを組み合わせた上級ファブリック仕様。静粛性を高めるために、ヘッドライナーの厚みを変更、バックドアにシールリップを追加、リアホイールハウスインナーへの制振剤の追加などにより、吸音性・遮音性を向上させた。

前後スライド、リクライニング、シート全体の高さの6方向の調整が可能な運転席を用意。ドライバー一人ひとりに合ったドライビングポジションを提供するだけでなく、調整したシートポジションアクティブ・ドライビング・ディスプレイを記憶する機能を搭載している。(プロアクティブSパッケージはメーカーオプション)

後続車のヘッドランプなどの一定以上の強い光の反射を自動的に軽減させる自動防眩ルームミラーやApple社の「CarPlay」、Google LLCの「Android Auto」に対応したマツダコネクトを標準搭載。ステアリングヒーターについては、プロアクティブSパッケージの場合メーカーオプションとなる。

夜間歩行者検知機能付きアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートはMT車を除き全車に標準設定。前方の車両や歩行者を検知し、衝突を回避または被害軽減。プロアクティブSパッケージでは、停止状態からの追従走行が可能になったマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付きはAT車のみ)、車線逸脱回避を支援するレーンキープ・アシスト・システム、走行環境に合わせて照射範囲を自動変更するアダプティブ・LED・ヘッドライトなどを装着可能だ。


サイズは全長4064×全幅1695×全高1500mmとなっている。

マツダ2改良新型の価格は、ガソリンエンジン搭載車が157万3000円から、ディーゼルエンジン搭載車は199万1000円から。「プロアクティブSパッケージ」の価格は、ガソリンエンジン搭載車が190万3000円から、ディーゼルエンジン搭載車は215万6000円からとなっている。

《滑川寛》

特集

page top