【プロショップ訪問記】Garage A<ガレージ エー>(群馬県): 鳴りっぷり良く、見た目も良く! 『みんなで楽しむ』のがカーオーディオの醍醐味! | Push on! Mycar-life

【プロショップ訪問記】Garage A<ガレージ エー>(群馬県): 鳴りっぷり良く、見た目も良く! 『みんなで楽しむ』のがカーオーディオの醍醐味!

【Garage A<ガレージ エー>(群馬県)】鳴りっぷり良く、見た目も良く! 『みんなで楽しむ』のがカーオーディオの醍醐味!

カーオーディオ ショップ訪問記
【プロショップ訪問記】Garage A<ガレージ エー>(群馬県)


【Garage A<ガレージ エー>(群馬県)】鳴りっぷり良く、見た目も良く! 『みんなで楽しむ』のがカーオーディオの醍醐味!

ハイインパクトなオーディオカーを製作するプロショップ、『Garage A』。さまざまなカーショーに車両を出展させてきた同店。時にはいかついSUVに迫力のサウンドシステムを搭載し、また時にはレーシーなスポーツカーをベースに爽快なサウンドマシンに仕上げたりと、カスタマイズの引き出しは豊富で、カスタムカーオーディオフリークから大きな注目を集めている。創業は2001年5月。2011年で10周年という節目を迎えた、押しも押されもせぬ実力ショップだ。


Garage A<ガレージ エー>(群馬県)


Garage A<ガレージ エー>(群馬県)


『Garage A』が作った完成度の高いショーカーを見ては、同店は敷居の高いお店なのでは…、と思っている人もいるかもしれないが、代表の高橋さんいわく「最初からフルカスタムをしようとして来るお客さんはほとんどいないし、洗車だけで来るお客さんもいるくらい。全然、敷居は高くないんですよ」とのこと。実際、店内は和やかな雰囲気だし、望月店長はじめ、スタッフのみなさんも気さくで話しやすい方ばかりだ。

ところで、「洗車だけで来る」という言葉、一瞬聞き流してしまったのだが、カーオーディオプロショップで「洗車だけ」とは一体…。

「うちはカーオーディオが専門ですけど、外装カスタム、そして、ポリマーコーティングやウインドーフィルムといったカービューティ部門もあるんですね。その一環で「手洗い洗車」もメニューにある。専門スタッフが、丁寧に手洗いしますよ(笑)」

カスタマイズのプロが手がける洗車なわけで、スタンドの洗車とはひと味違うはず。『Garage A』に興味があるアナタは、まずは洗車目当てで同店を訪れてみる、というのも大アリだ。

さて、ユニークな一面も持つカーオーディオプロショップ『Garage A』だが、カーオーディオに対する考え方も、オープン & フリー。オーディオである以上、音が良いのは当然としつつも、『みんなで楽しめる』ということをキーワードにしている。楽しみ方は人それぞれ。でも、ドアやリアゲートを開けたときに、ゴキゲンなサウンドを響かせることで、仲間同士で楽しめ、友達を増やせたら…。ここにカーオーディオの醍醐味があるのではないか、と考えている。


(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)



Garage A<ガレージ エー>(群馬県)#1

Garage A<ガレージ エー>(群馬県)#2


みんなで楽しむためには「フルレンジ & ビッグボリューム」も重要だと言う。どうせなら「鳴りっぷり良く」。それも、歌ものが気持ち良く聴ける鳴りっぷりの良さを信条としている。そして「カッコ良さ」も外せないポイント。音が良く、見た目も良く、その両方の「カッコ良さ」があってこそ、みんなで楽しめる、というわけだ。

自分のクルマを、音とカスタマイズでカッコ良くキメたい、カーオーディオをトコトン楽しみたいというアナタ、気軽な気持ちで同店を訪ねるベシ♪

ところで『Garage A』では、近隣のショップとタッグを組んで、『SOUND FOOLS DAY』なるイベントを毎年主催している(2011年は、第5回目となる同イベントを、7月3日に関越スポーツランドで開催!)。音質コンテスト、ドレスアップコンテスト、さらには低車高コンテストまでを擁する、同店のポリシーを具現化しているようなオーディオカーの一大イベント。夏の定番イベントとしてすっかり定着し、ユーザーを楽しませようとする『Garage A』の思いが結実。このような懐の深いイベントも企画する『Garage A』なら、これからも次々と、斬新なクルマと作り続け、そして多くの人を楽しませていってくれるに違いない。

《太田祥三》

特集

page top