音の濃さが変わる不思議なユニット アシストウーファー発売!

ちょっと珍しい製品を紹介したい。アシスト・ウーファーといって、富山県魚津市のカー&ホームオーディオ専門ショップ「REDZONE」に併設されているソリューション・ラボラトリーRが開発したものだ。

AW4・PS

AW4・PS ¥210,000

(サムネールはクリックで拡大。拡大後は写真右側クリックで進む:左側クリックで戻る)

AW・MIRACLE AW2・SI AW・TOOL AW・PLANET

アシスト・ウーファーは低音域を受け持つスピーカー、一般的にはサブウーファーのカテゴリーに入れられる製品だが、あえてサブウーファーと呼ばずアシスト・ウーファーという特別な名称を付けたのは、従来のサブウーファーとは違ってシステム全体の音を補うという意味から来ているのだという。

構造の詳細は明かされていないが、独自技術による設計で、ウーファーユニットの立ち上がり時のピーク成分を物理的に抑えることで他のユニットとの違和感を解消し、アンプの入力信号より低い周波数を取り出してトランジェントの収束をなだらかに長くするものという。このためミッドウーファーやトゥイーターの音を邪魔することがなく、スムーズなつながりを実現するとともに、中高域にまで音質の向上を図ることが可能としている。

製品のバリエーションは大変豊富だが、代表的なのはジュラルミンケースに収められたAW1とAW2。アンプは内蔵せず、入力端子はキャノンタイプのみとして抜け落ちなどの事故に備えている。ほかにDOHCエンジン風のデザインを施したAW・TOOLも同様の構成である。

このほかブラックアクリルをベースにしたAW・MIRACLEやAW・SHADOW、地球儀の形に収めたAW・PLANETなどはホームオーディオにも使用できそうだ。

なお製品はひとつずつ手作りということである。

2008-04-03 [TEXT:井上千岳/ PHOTO:ソリューション ラボラトリー・R]

*記事中の価格表示は特記がない場合、税込標準小売価格です。