47%の職業がなくなる!10年後に「消える仕事・残る仕事」 | Push on! Mycar-life

47%の職業がなくなる!10年後に「消える仕事・残る仕事」

エンタメ エンタメ

47%の職業が消える?10年後に残る仕事と消える仕事とは
  • 47%の職業が消える?10年後に残る仕事と消える仕事とは
現代社会の流れの速さを実感している人は少なくないでしょう。

AI(人工知能)などの進化もあり、人間が行う仕事はどんどん減っていくと考えられています。オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授の論文によると、今後10〜20年間でアメリカ雇用者の実に47%の仕事が自動化されるリスクがあるそうです。

そんな中で、自分の仕事は大丈夫だろうか?と不安に思う人も少なくないでしょう。今回は、そんな中で10年後にも残り続ける仕事となくなる仕事について考えてみます。

■消える仕事:レジや一部の事務作業
レジや一部の事務作業は、既に仕事が失われつつあります。今やセルフレジは当たり前になりましたし、人型ロボット『pepper(ペッパー)』の出現によって簡単な受付業務はできるようになりました。

今後の技術発展のもと、これらの仕事がますます減っていくのではないか?と言われています。客が自分で商品のバーコードをかざすだけで、レジを通さずにそのまま買い物と清算が完了するという新形態『Amazon Go』も、もう間もなくAmazonが提供開始するとか。今後、ますます人の仕事を機械が代替する状況が増えていきそうですね。

■残る仕事:体験型の職業
一方で、体験型の職業は残ると言われています。体験型の職業とは、お客さんに何かを体験させることでお金をもらっている職業のことです。例えば、テーマパークのスタッフなどもそうですし、ヨガやジムのインストラクターなどもそうですね。

これらの仕事は、機械の代替が難しいということもあり、残っていく職業と考えられます。今後、体験型職業では、ますます人を満足させるということに焦点が当てられそうですね。

■プログラマー
今後も様々な場面で、プログラマーは残っていくでしょう。大量のデータを解析する技術や、それによって新たなマーケティングを考えたりする技術にもプログラミングは必要ですし、新たなサービスを生むためにもプログラミングが必要です。

以前、今、自己投資するならプログラミング!勉強する価値はどれほど大きい? の記事で、プログラミングについて話をしましたが、今後の仕事に不安があるという方は一度勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

<宝くじの当選確率を上げる!おすすめ関連記事>
佐藤健も菅田将暉も!「仮面ライダー俳優に学ぶ」現代キャリアアップ術
年収1,000万以上はせっかち?「成功者は早歩き派が多い」理由
副業は難しくない!誰でも趣味の延長でお金を稼ぐ方法
《河崎鷹大》

特集

page top