【デトロイトモーターショー2017】メルセデス AMG GT 改良新型、522馬力へ強化 | Push on! Mycar-life

【デトロイトモーターショー2017】メルセデス AMG GT 改良新型、522馬力へ強化

自動車 ニュース

ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
  • ダイムラーのディーター・ツェッチェ会長(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
  • メルセデスAMG GT S改良新型
  • メルセデスAMG GT S改良新型
  • メルセデスAMG GT S改良新型
  • メルセデスAMG GT S改良新型
  • メルセデスAMG GT S改良新型
ドイツの高級車、メルセデスベンツは1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017において、改良新型メルセデスAMG『GT』を初公開した。

メルセデスAMG GTは2014年秋、パリモーターショー2014で発表されたメルセデスAMGの新世代スポーツカー。生産を終了した『SLS AMG』の実質的な後継車だが、ポルシェ『911』クラスとの競合を狙う。

メルセデスAMG GTの上級の「S」グレードでは、直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが、最大出力510hp/6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4750rpmを発生。0-100km/h加速3.8秒、最高速310km/hの優れたパフォーマンスを実現した。

今回、デトロイトモーターショー2017では、メルセデスAMG GTがデビューから約2年半が経過して、初の大幅改良を実施。フェイスリフトと技術的なアップグレードが改良の柱となる。

外観は、フロントマスクを中心に変更。縦メッキのフロントグリルは、メルセデスAMG「GTロードスター」と同デザイン。メルセデスAMG GTファミリー全車が、同じフロントマスクを持つことになった。

直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、Sグレードの場合、最大出力を12hp高め522hp、最大トルクを2kgm引き上げ68.3kgmに強化。最大トルクの発生領域は、1800‐5000rpmにワイド化された。0-100km/h加速3.8秒、最高速310km/hのパフォーマンスは従来通りとなっている。
《森脇稔》

特集

page top