【日産 デイズ ルークス 試乗】機能性が高く実用的だが、静粛性に課題あり…島崎七生人 | Push on! Mycar-life

【日産 デイズ ルークス 試乗】機能性が高く実用的だが、静粛性に課題あり…島崎七生人

自動車 試乗記

日産 デイズ ルークス
  • 日産 デイズ ルークス
  • 日産 デイズ ルークス
  • 日産 デイズ ルークス
  • 日産 デイズ ルークス
  • 日産 デイズ ルークス
  • 日産 デイズ ルークス
  • 日産 デイズ ルークス
  • 日産 デイズ ルークス
オーナーこそそのクルマの“1番の評論家”である。反面、ライバル車と乗り較べることで見えてくることもある。そこで「自分のクルマが1番だ」と思えれば、それはシアワセなことだ。

ご存知のとおり同車は普通車(登録車)も手がける日産と三菱の協業で産まれた。軽自動車が主力のライバルメーカーのクルマに対し、ひとつだけコンプレインを書かせていただくと、インパネ上面を手で押すとペコペコとし、走行中にエンジン回転を上げる(試乗車はNAだった)と眼前から飛び込んでくる盛大なエンジン音が放置されている点が少し残念。

もし自分で乗っていたら、ホームセンターから厚手の吸音材を買ってきて、それをインパネ裏に(エアバッグ等の構造に支障が出ないよう注意しながら)貼り込む手当てをするだろう。前述のポイント以外は、最新のハイト系らしくソツのない出来だ。シンプルだが見やすいメーター類、タッチパネル式の操作系もサッと触れ、表示もクッキリと大きい。

室内スペースのゆとりも「これ1台あれば便利だろう」と思えるもの。とくに左右個別にスライドができ、パタンと床の高さに低く畳める後席の利便性は高い。ミラーに組み込まれた“アラウンドビューモニター”も、あれば便利な装備のひとつ。グレード別設定だが、前席まわりのすべてのガラスが“スーパーUVカット”になるのも、面積が広いだけにありがたい。天井に後席用の“クーリングファン”が備わるのも親切だ。

背が高いが走りは安定感があり、軽自動車だから日常的な取り回し性もいい。実用性、機能性の高さは、もちろん申し分なしだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

特集

page top