教育費は前年比1.6%増、公立高授業料アップが影響…1月分CPI中旬速報 | Push on! Mycar-life

教育費は前年比1.6%増、公立高授業料アップが影響…1月分CPI中旬速報

教育 教育

平成27年平均 消費者物価指数の動き
  • 平成27年平均 消費者物価指数の動き
  • 平成27年平均 前年からの動き
  • 平成27年平均 前年同月との比較
  • 総務省
 総務省は1月29日、平成22年基準「消費者物価指数(CPI)」の平成27年全国平均を公表した。平成22年を100としたときの「総合指数」は103.6で前年比0.8%上昇。「教育費」は102.3で前年比1.6%増加した。

 消費者物価指数は、全国の世帯が購入する財やサービスの価格変動を総合的に測定し、物価の変動を時系列的に測定することを目的に、総務省が調査・発表しているもの。平成22年の1年間を参照年次として100とし、月度や年平均の最新指数を公表している。

 平成27年全国の年平均の消費者物価指数によると、総合指数は103.6で前年比0.8%上昇。平成24年から3年連続での増加となった。生鮮食品を除く総合指数は103.2で前年比0.5%上昇。食料(酒類を除く)およびエネルギーを除く総合指数は101.1で前年比1.0%の上昇と、各項目で上昇傾向が見られた。

 また、費目別の指数を見ると、教育費は102.3で前年比1.6%増加。内訳として「授業料等」が101.2で前年比1.8%増、「教科書・学習参考教材」が109.9で1.4%増、「補習教育」が105.2で0.6%増と全体的に物価上昇の傾向に。特に、公立高校授業料は106.4%と教育費上昇に強い影響を及ぼしている状況が見られた。
《畑山望》

特集

page top