野村萬斎、その“手”で謎を解く!『スキャナー』予告&ビジュアル解禁 | Push on! Mycar-life

野村萬斎、その“手”で謎を解く!『スキャナー』予告&ビジュアル解禁

エンタメ エンタメ

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』ポスタービジュアル -(C)2016「スキャナー」製作委員会
  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』ポスタービジュアル -(C)2016「スキャナー」製作委員会
  • 野村萬斎&宮迫博之の芸人コンビ「マイティーズ」/『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』 -(C)2016「スキャナー」製作委員会
  • 木村文乃×杉咲花/『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』 -(C)2016「スキャナー」製作委員会
  • 野村萬斎&宮迫博之の芸人コンビ「マイティーズ」/『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』 -(C)2016「スキャナー」製作委員会
  • 野村萬斎×宮迫博之/『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』 -(C)2016「スキャナー」製作委員会
狂言師・野村萬斎が初挑戦となる“平成の男”、かつ特殊能力で謎を解く主人公を演じる『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』。相棒役の宮迫博之や安田章大、杉咲花、木村文乃ら強力な共演陣を迎えた本作の公開が、4月29日(金・祝)に決定、ビジュアルと共に公式サイトにて予告編が解禁された。

残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読み取ることができる特殊能力を持った男・仙石和彦(野村萬斎)。かつて、相方・丸山竜司(宮迫博之)とともにマイティーズというお笑いコンビを組み、その能力を使って日本中を湧かせたが、代償に精神をすり減らし、やがてコンビは解散。以来、人間嫌いの超ネガティブ男となって毎日を過ごしていた。一方、ピン芸人として再スタートを切った丸山も、鳴かず飛ばずでクビ寸前の状態に。

そんなふたりの元に、秋山亜美(杉咲花)という1人の女子高生により「行方不明となったピアノ教師・沢村雪絵(木村文乃)を探して欲しい」という依頼を持ち込まれる。10年ぶりの再会を果たした仙石と丸山だったが、仙石は久しぶりに使う能力のコントロールに悪戦苦闘する。若手刑事の佐々部悟(安田章大)をも巻き込んで、雪絵の痕跡を追う彼らが出会った、誰も予想だにしていなかった事件の入り口とは…?

本作は『探偵はBARにいる』シリーズ、「リーガル・ハイ」シリーズなど、数々の大ヒット作品を生み出し続ける人気脚本家・古沢良太が書き下ろした、予測不能な異色の謎解きミステリー。メガホンを取るのは、『平成ガメラ』シリーズ、映画『デスノート』シリーズで知られ、エンターテインメントの前線で抜群の演出力を発揮する金子修介監督だ。

今回解禁された予告映像で、印象的なのは、萬斎さん演じる主人公・仙石が特殊能力=“スキャニング”で思念を読み取る姿。宮迫さん演じる丸山が悪態まじりに「やっていることはただの変態にしか見えない」と評するその姿から、身を削るようにして真相に迫っていく様は、さすがこれまで唯一無二のキャラクターを鮮烈に演じてきた萬斎さんといったところ。「犯人の記憶を拾えるかもしれない」と仙石が自らの“手”で、誰も予測できない衝撃の結末へと近づいていくが…。

併せて解禁となったポスタービジュアルにも、「あなたの全て読み取ります」とこちらに向けて手をかざす仙石と、渋い顔の丸山という、なんともキャラの濃い凸凹コンビの姿が。

“記憶”に秘められた“想い”を読み取り、事件捜査に挑む異色の謎解きミステリー。まずはこちらの予告映像から、監督も太鼓判を押す円熟コンビのような絶妙な掛け合いと、スピーディーかつスリリングな展開を楽しんでみて。

『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は4月29日(金・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top