藤岡弘、仮面ライダー1号として44年ぶりに主演抜擢!「血が騒いだ」 | Push on! Mycar-life

藤岡弘、仮面ライダー1号として44年ぶりに主演抜擢!「血が騒いだ」

エンタメ エンタメ

映画『仮面ライダー1号』(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 映画『仮面ライダー1号』(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 映画『仮面ライダー1号』(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 映画『仮面ライダー1号』(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
「仮面ライダー」シリーズ生誕45周年記念ということで始動したプロジェクト、映画『仮面ライダー1号』。年明け早々に発表され、話題を呼んでいた本作の主人公・本郷猛役に藤岡弘、が44年ぶりに再抜擢されることが決定。さらに本作の実写新ビジュアルも解禁された。

いまから45年前、男は悪の秘密結社ショッカーの手によって改造人間にされた。あの日以来、人間の自由を守るため男は戦い続けている。彼の名は本郷猛。この世に誕生した、最初の仮面ライダーである。長年にわたり、海外で悪と戦ってきた猛は、ひとりの少女の危機を知り、急遽帰国する。猛は、ショッカーが少女を狙う理由を探っていた仮面ライダーゴースト=天空寺タケルや、その仲間たちと出会う。少女の危機、そして日本の最大の危機に、伝説の戦士・本郷猛が「変身」する。命を、愛を、未来へつなぐために。

1971年より放送された特撮テレビドラマ「仮面ライダー」シリーズ。第1作目の「仮面ライダー」では、仮面ライダー1号・本郷猛、仮面ライダー2号・一文字隼人の登場、変身ポーズの導入や相棒の設定など、いままでのテレビドラマにはなかった新機軸を盛り込んだことで視聴率30%超を記録した人気番組。変身ヒーローブームの火付け役となった本作は、現在は「仮面ライダーゴースト」となり、いまもなお子どもから大人まで人気を博している。

そして今回発表されたのは、1972年に公開した映画『仮面ライダー対じごく大使』から実に44年ぶりに、仮面ライダー1号として主演を果たす藤岡さん。そんな藤岡さんは「45年経っているわけですが、改めて主演するというのは感慨深いものがありますね。まさか45年を経て主演ができるなんて思わなかったな。お話を聞いたときは血が騒ぎましたね」と今回の決定について思いを語った。そして「今回演じるに当たり、当時どういう気持ちで取り組んだのか原点をふり返りました。そのときの想いをもう1回投入しようと思ったんですね。当時見ていた人を失望させたくないですからね。映画では生のアクションも見ものだと思いますよ」とも語っている。

また今回は企画段階から本作に参加し、世界各地でボランティア活動を続ける中で感じた“命の尊さ”を子どもたちに伝えたいという熱い想いを胸に、5か月もの間、何度も製作陣とやり取りを重ね、共に脚本を作り上げたという藤岡さんは「命の尊さを子どもたちに伝えたくて何度も練りました。最後のほうは徹夜で寝ずにね。それだけこの作品に真剣なんですよ。これからの日本を、そして世界を背負っていく子どもたちに伝えたいですね」と熱く語った。

さらに今回は、デザイン画のみだった仮面ライダー1号の実写新ビジュアルがついに解禁。これに伴い猛の愛機愛車のサイクロン号も“ネオサイクロン”へと進化を遂げ、全てがバージョンアップして登場。さらに力強いフォルムに仕上がりパワーアップしているようだ。

映画『仮面ライダー1号』は3月26日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top