【予告編】神木隆之介&門脇麦、2つに分かれた人類の未来は…『太陽』 | Push on! Mycar-life

【予告編】神木隆之介&門脇麦、2つに分かれた人類の未来は…『太陽』

エンタメ エンタメ

神木隆之介×門脇麦&入江悠監督/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 神木隆之介×門脇麦&入江悠監督/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 神木隆之介/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 神木隆之介/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 門脇麦/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 神木隆之介/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 門脇麦/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
  • 古川雄輝/『太陽』 -(C)2015「太陽」製作委員会
『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『ジョーカー・ゲーム』の入江悠監督が神木隆之介、門脇麦ら演技派俳優を迎え、劇団イキウメの衝撃の舞台を映画化した『太陽』。進化した新人類と貧しくも自由に暮らす旧人類に二分された世界を描く本作の予告映像が、ついに解禁された。

21世紀初頭にウィルスによって人口が激減してしまった世界。生き残った人類は、若く健康な肉体と高い知能を有する進化した新人類“ノクス(夜に生きる存在)”と太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは貧しいままの旧人類“キュリオ(骨董的存在)”の2つに分かれ、暮らしている。昼と夜の世界に分断され、家族、親友、恋人…愛する者と引き裂かれてしまった人々。対立や融和を繰り返し生きる2つの人類が選ぶ未来とは――。

劇団イキウメの主宰であり、脚本家・演出家としても活躍する前川知大の傑作として名高い舞台をベースとした本作は、SFであり、青春ドラマであり、ラブストーリーであり、究極の家族愛をも描く、かつてない物語。

今回解禁された予告映像では、憧れ、嫉妬、優越感、好奇心、憐み…。対極の環境に身を置きながら、互いの種族に対する複雑な感情を抱え生きる“ノクス”と“キュリオ”の姿を見て取ることができる。中には、“ノクス”が“キュリオ”に消毒薬を浴びせているショッキングな光景も。また、“キュリオ”である神木さんが口にする「来年ノクスになる」という言葉や、“キュリオ”に対し「“昼の人間”に興味があるの」と女性が話すシーンも含まれており、その謎めいた世界により興味を抱く映像となっている。

本作の撮影にあたり入江監督は、「木造の古い家屋、囲炉裏、行燈など、見た目には廃墟のようにも見え、ノクス地区の撮影で山を下りると、“文明がある!”とまるで、キュリオがノクスの生活を初めて見たときのような驚きを体験できた」ことが印象的だったとコメント。原作の前川さんも、「キュリオの生活が貧困であることに対し、ノクスの生活は比べものにならないくらい裕福に見えるが、実際はどちらが幸せなのか、生きていると言えるのか。それがこの映画が内包するテーマです」と語っている。

また、予告映像と併せ、入江監督と神木さん、門脇さんとのオフショット写真もお披露目。シリアスな本編とは対照的な、和やかな空気のショットには思わずこちらも笑顔がこぼれてしまいそうに。

旧人類と新人類、それぞれが理想と現実にもがく姿を通し、生きることの本質を問いかけてくる本作。若手からベテランまで演技派俳優たちの放つ鮮烈なエネルギーを、まずはこちらの予告映像から味わってみて。

『太陽』は4月23日(土)より角川シネマ新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top