中村七之助、深津絵里にときめく「ミーハーだけど、『すみれさんだ』と思った」 | Push on! Mycar-life

中村七之助、深津絵里にときめく「ミーハーだけど、『すみれさんだ』と思った」

エンタメ エンタメ

深津絵里、中村七之助/舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
  • 深津絵里、中村七之助/舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
  • 深津絵里/舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
  • 伊藤歩/舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
  • 中村七之助/舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
  • 舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
  • 深津絵里/舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
  • デヴィッド・ルヴォー、深津絵里、中村七之助/舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
  • 中村七之助/舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」製作発表会見
近松門左衛門の代表作「心中天網島」をベースにした舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」の製作発表が1月27日(水)、水天宮ピットで行われ、出演する深津絵里、中村七之助、伊藤歩と演出家のデヴィッド・ルヴォーらが出席した。

「ETERNAL CHIKAMATSU」は、遊女小春、治兵衛、その妻・おさんの三角関係を描いた近松の「心中天網島」をベースに、究極の愛を描いた物語。演出家デヴィッド氏のオリジナルアイデアに基づき、作家の谷賢一が書き下ろす新作戯曲となっている。

主演を務める深津さんと中村さんは、本作が初共演。中村さんの印象について、深津さんは「まだ信じられないような気持ちです。七之助さんは本当に軽やかな方で、すごく美しいんです。ものを作る姿勢が本当に素晴らしくて。一緒に芝居を1から作っていけることの喜びをすごく感じています。すでに美しさは負けているんですけど」と語り、伊藤さんも「美しさは降参です」と、女形で培った中村さんの可憐な美しさに触れた。首を振っていた中村さんだったが、「公開処刑、やめてください。今、心の中ではすごく小さくなっています」と恐縮しきりだった。

一方、深津さんの印象を尋ねられると中村さんは絶賛。「もちろん綺麗だということは前提で、ミーハーなんですけど『踊る!大捜査線』のすみれさんだあ!、というイメージが強くて」と記者を笑わせた後、「舞台も拝見していて、映画『悪人』も素晴らしいですし、映像もドラマも舞台もできる女優さんは少ないと思っているので、本当に尊敬できる大先輩です」と、女優としての器の大きさを感じていたようだ。

もともと本作は七之助さんの亡き父、勘三郎さんがデヴィッド氏と「歌舞伎で上演できれば」と話を進めていたものだという。その延長戦上にあるプロジェクトゆえに、中村さんは「父の願いは近松の作品を歌舞伎で演出することでしたが、父親が描いていたものをはるかに超えて、もっともっとスケールの大きいものになっているので、すごく楽しみです」と、希望をたたえた瞳で舞台への意気込みを語った。

会見には、そのほか中嶋しゅう、音尾琢真が出席した。舞台「ETERNAL CHIKAMATSU」は、2月29日(月)~3月6日(日)まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて、3月10日(木)~27日(日)まで東京・Bunkamura シアターコクーンで公演。
《cinamacafe.net》

特集

page top