【ボルボ XC90 新型】PHVモデル日本初導入…電動化しても7人乗り変わらず | Push on! Mycar-life

【ボルボ XC90 新型】PHVモデル日本初導入…電動化しても7人乗り変わらず

自動車 ニュース

ボルボ XC90 新型発表会
  • ボルボ XC90 新型発表会
  • ボルボ XC90 新型発表会
  • ボルボ XC90 新型発表会
  • ボルボ XC90 新型発表会
  • ボルボ XC90 新型発表会
  • ボルボ XC90 新型発表会
  • ボルボ XC90 新型発表会
  • ボルボ XC90 新型発表会
ボルボ・カー・ジャパンは1月27日、全面改良したフラッグシップSUV『XC90』を発売した。世界初となる2種類の安全技術を標準装備したほか、プラグインハイブリッド(PHV)を初導入したのも特徴。価格は774万~1009万円となっている。

ボルボ・カー・ジャパンの青山健マーケティング部プロダクトマネージャーは同日、都内で開いた発表会で「ハイブリッド化しても7人乗りが可能になっているのは非常にユニークな点」と強調した。

PHVモデルとなる『XC90 T8』は2リットル直列4気筒スーパーチャージャー付き直噴ガソリンターボと電気モーターを組み合わせたシステムで、「フロントにエンジンがあり、リアのドライブアクスルの上にモーターを搭載し、前輪はエンジンで、後輪をモーターで動かす構造になっている」という。

さらに「本来の四輪駆動車であればプロペラシャフトが通る部分にリチウムイオンバッテリーを備える構成になっている。重いバッテリーが車両の中心にあることで車両重量配分が適正化されるほか、ラッジルームも犠牲になっていない。これによりサードシートが置ける」と青山氏は解説。

また「ハイブリッド化に伴ってシフトバイワイヤを採用した。またT8だけに(スウェーデンを代表するクリスタルグラスブランドの)オレフォス製のクリスタルシフトノブが使われている」とも話していた。
《小松哲也》

特集

page top