田中麗奈、“獄中結婚”する女性を熱演!『葛城事件』 | Push on! Mycar-life

田中麗奈、“獄中結婚”する女性を熱演!『葛城事件』

エンタメ エンタメ

『葛城事件』 (C)2016「葛城事件」製作委員会
  • 『葛城事件』 (C)2016「葛城事件」製作委員会
  • 『葛城事件』 (C)2016「葛城事件」製作委員会
  • 『葛城事件』 (C)2016「葛城事件」製作委員会
2012年に堺雅人、山田孝之らで映画化された『その夜の侍』を手掛けた赤堀雅秋監督の待望の2作目となる『葛城事件』。この度、三浦友和を主演に迎えて贈る本作の新たなるキャストとして、死刑反対を唱え獄中結婚をする女性役に田中麗奈が出演することが明らかとなった。

美しい妻を得て、子宝にも恵まれ、がむしゃらに働いてマイホームを持ち、理想の家族を作れたと思っていた葛城清(三浦友和)。21歳になった次男・稔(若葉竜也)は無差別殺人事件を起こし、8人を殺傷した罪で死刑囚となった。なぜ息子はこんなことをしでかしてしまったのか。モンスターに育ててしまったのは自分なのか。凄惨な事件を起こす前に、自らの手で息子の息の根を止めるべきだったのか。理想通りに行かず粗暴になる清。会社をリストラされ孤立する長男・保(新井浩文)。妻・伸子(南果歩)は次第に精神のバランスを崩し廃人のようになっていく。さらに、死刑制度反対の立場から稔と獄中結婚をする女・星野(田中麗奈)が登場するが…。

本作は、2013年に劇団「THE SHAMPOO HAT」で公演され、新井浩文らの客演で話題を呼んだ同名舞台を、新たに改稿し映画化したもの。登場人物は、どの人物も自己矛盾を起こしており、多面的で複雑な感情を合わせ持っている。また葛藤を抱えながらも、それでも生きていく、その姿を丁寧に描き出している映画となっている。劇団「THE SHAMPOO HAT」の旗揚げ以来、全作品の作・演出・出演を担当してきた赤堀監督。監督デビュー作『その夜の侍』は、「モントリオール世界映画祭」「ロンドン映画祭」などに正式出品されるなど国内外で高い評価を得ている。

死刑囚・稔の父で本作の主人公の葛城清役を演じるのは、幅広い演技に定評のある日本を代表する俳優のひとり三浦さん。「清役は三浦さん以外に考えられない」という監督からの熱望を受け今回の主演が決定。そして、清の妻・伸子役には『不機嫌な果実』や連続テレビ小説「梅ちゃん先生」、「ようこそ、わが家へ」など数々の映画やドラマに出演する南さん、兄役には舞台版「葛城事件」で稔役を演じた新井さん、稔役にはオーディションで選ばれた新鋭・若葉さんが出演。

葛城家の人々に加え、今回新たに決定したのが、『GTO』、『はつ恋』、「猟奇的な彼女」、などに出演する田中さん。本作では、死刑反対を唱え、稔と獄中結婚をする女性・星野役に挑戦している。そんな難しい役どころに挑んだ田中さんは「今回演じた星野順子という女性は、何を考えているのか分からない、理解できない、率直に言ってどうしようかという不安がありました。監督とお会いしてお話させて頂いてから演じる決意ができました」と最初は不安を捨てきれなかったと語る。また「赤堀監督は細やかで的確に指示を下さり、“見てもらえている”という安心感もありましたし、楽しかったです」とコメントを寄せた。

一方田中さんについて赤堀監督は「ある長い場面の長い長いセリフ、粘って粘って20数テイク重ねました。OKテイクを撮り終えたとき、結局それだけの長くて苦しい道程が我々には必要だったのかなと思いました。心の底から田中麗奈さんがこの役で良かったと思ってます」と撮影でのエピソードも語った。

『葛城事件』は初夏、新宿バルト9ほか全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

page top