ジャスティン・ビーバー、第58回グラミー賞授賞式でパフォーマンスへ | Push on! Mycar-life

ジャスティン・ビーバー、第58回グラミー賞授賞式でパフォーマンスへ

エンタメ エンタメ

ジャスティン・ビーバー「第58回グラミー賞受賞式」出演決定-(C)Getty Images
  • ジャスティン・ビーバー「第58回グラミー賞受賞式」出演決定-(C)Getty Images
  • ジャスティン・ビーバー&ピットブル「第58回グラミー賞受賞式」出演決定-(C)Getty Images
  • ピットブル「第58回グラミー賞受賞式」出演決定-(C)Getty Images
  • アデル - (C) Getty Images
  • ケンドリック・ラマー - (C) Getty Images
先日、アデルやケンドリック・ラマーらがパフォーマンスすることが発表された「第58回グラミー賞授賞式」。この度、世間を騒がせながらも「What Do You Mean?」「Sorry」と新曲が大ヒットし注目を集めているジャスティン・ビーバーが出演することが明らかになった。

日本時間2月16日(火)に行われる世界最高峰の音楽の祭典「第58回グラミー賞授賞式」。昨年「To Pimp a Butterfly」をリリースしたケンドリック・ラマーが9部門11ノミネートの最多ノミネート、続いて「1989」をリリースしたテイラー・スウィフトと「Beauty Behind the Madness」をリリースしたザ・ウィークエンドが7ノミネート、「If You're Reading This It's Too Late」をリリースしたドレイクが5ノミネートとなっているほか、俳優・渡辺謙が主演した「王様と私」の最優秀劇場ミュージカル・アルバムへのノミネートや、小澤征爾が指揮した「Ravel: L‘Enfant Et Les Sortileges; Sheherazade (ラヴェル:「こどもと魔法」)」が最優秀オペラ・レコーディングにノミネートされるなど日本人の活躍でも話題を集めている。

今回、パフォーマーとして発表されたのは最優秀ダンス・レコーディングにノミネートされているジャスティン・ビーバーと、最優秀ラテン・ロック/アーバン/オルタナティブ・アルバムにノミネートされているピットブル。現在アデル、ケンドリック・ラマーを始め、ザ・ウィークエンド、「リトル・ビッグ・タウン」の6アーティストが出演することが決定している。

「第58回グラミー賞受賞式」は2月16日(火)9時~、WOWOWにて生中継される。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top