松山ケンイチ&倉科カナがド本気の破天荒!『珍遊記』予告編解禁 | Push on! Mycar-life

松山ケンイチ&倉科カナがド本気の破天荒!『珍遊記』予告編解禁

エンタメ エンタメ

『珍遊記』本ポスタービジュアル (C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  • 『珍遊記』本ポスタービジュアル (C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  • 『珍遊記』(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  • 松山ケンイチ主演『珍遊記』(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  • 板尾創路&矢部太郎&今野浩喜&おおかわら&アイアム野田-(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  • 『珍遊記』オープニング&エンディング曲を担当する「RIP SLYME」
  • 楽曲提供をする「マキシマム ザ ホルモン」/『珍遊記』(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
  • 松山ケンイチ主演『珍遊記』(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
主演に松山ケンイチを迎え、伝説的ギャグ漫画のまさかの実写映画化が実現した『珍遊記』。このほど、本作の待望の予告編映像と本ポスタービジュアルが解禁。本邦初公開の「RIP SLYME」が担当したエンディング曲「Drop!」とともに、松山さんはじめ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成や笹野高史、温水洋一、ピエール瀧ら、豪華キャストたちがどこまでも荒唐無稽な破天荒ぶりを披露、倉科さんにいたっては何度も“放送禁止用語”を連発していることが分かった。

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)で、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべきその妖力を封印。しかし、嫌々ながら妖力の抜けた“変身後”の太郎(松山ケンイチ)を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽目に…。果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことができるのか!?

唯一無二の画風と存在感を放つ漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を、『地獄甲子園』『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』などで知られる山口雄大監督がもったいないほどの(?)豪華キャストで映画化した本作。

今回解禁となった予告編は、坊主・玄奘に扮した倉科さんが、田山さんのじじい&笹野さんのばばあを前に、真顔で「ち○こ」について会話を繰り広げる、映画のファーストシーンからスタート。

続いて、松山さんが演じる太郎と、太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)、世界最強の武闘家・中村泰造(温水洋一)、変身前の山田太郎(ピエール瀧)、こづれ紳士(板尾創路)、ザコ(矢部太郎)、アキバ(今野浩喜)、張明(おおかわら)、たけし(アイアム野田)といった個性的なキャラクターが次々と参上。お尻まる出し松山さんを、倉科さん演じる玄奘が前方から凝視する場面も登場する。

ナレーションは本作の特報に引き続き、俳優・声優の千葉繁が担当。何とも説明しがたい衝撃のアクションシーンの数々や、各キャラクターの立ち位置すら読めない破天荒すぎる本作の魅力が凝縮された映像を、より一層ハイテンションに「何だか訳分からんが、すごい映画だ~~!!」と解説。

そんな予告編でBGMとして使われているのは、これが本邦初公開となる「RIP SLYME」による書き下ろしのエンディング曲「Drop!」。まだまだ謎が多すぎる本作の、すごすぎる世界観をこちらから確かめてみて。


『珍遊記』は2月27日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top