秋吉久美子、森田芳光監督に呼び出されて…『の・ようなもの』35年前の思い出トーク | Push on! Mycar-life

秋吉久美子、森田芳光監督に呼び出されて…『の・ようなもの』35年前の思い出トーク

エンタメ エンタメ

秋吉久美子/『の・ようなもの のようなもの』公開記念トークイベント
  • 秋吉久美子/『の・ようなもの のようなもの』公開記念トークイベント
  • 杉山泰一監督、秋吉久美子、伊藤克信/『の・ようなもの のようなもの』公開記念トークイベント
  • 秋吉久美子、伊藤克信/『の・ようなもの のようなもの』公開記念トークイベント
  • 杉山泰一監督、秋吉久美子、伊藤克信/『の・ようなもの のようなもの』公開記念トークイベント
松山ケンイチ主演が主演する『の・ようなもの のようなもの』の公開を記念し、その“原点”である森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』の1週間限定上映が1月23日(土)、東京・ 角川シネマ新宿が始まり、好調な滑り出しを見せている。

同日、本編上映後に、同作の主演を務めた秋吉久美子、 伊藤克信、杉山泰一監督がトークイベントを実施。日本映画界の若き旗手として、熱い視線を集めていた森田監督の下、俳優として、助監督として、現場に立った35年前の思い出をしみじみと語った。

秋吉さんが演じたのは、主人公である駆け出しの落語家が恋に落ちるソープ嬢という役どころ。「当時、森田監督が天才だと気づかなくて…」と笑いを誘ったほか、撮影中に森田監督から呼び出されたエピソードも披露。「正直、当時はワンシーン、ワンシーン考えながら、カメラの位置もコロコロ変えるし、面倒くさいなって(笑)。そしたら、ある日、森田監督に『監督への尊敬のまなざしが欠けている』って言われてしまって」と屈託なくふり返った。

また、共演した伊藤さんについては、「35年ぶりに見ると、才能があって演技もうまいなって思う」と再びぶっちゃけ。「青春の輝きや不安定さ、悲しさが自然と表現されていて、まるでアル・パチーノみたい」と“時空を超えた”絶賛で、当の伊藤さんも「それがうれしいですね」と笑顔を見せていた。

現在公開されている『の・ようなもの のようなもの』は、30歳で脱サラし、落語家になった主人公・出船亭志ん田(松山さん)をはじめ、彼を取り巻く個性豊かな面々が不器用ながらも懸命に生きる姿を軽やかに描いている。伊藤さんが兄弟子を演じ、当時助監督だった杉山監督がメガホンをとっている。

杉山監督は「当時は、台本を読んでもよくわからなくて…。でもよくわからないのに、いざ映画になるとジーンときてしまう。僕のなかで、映画の価値観が大きく変わった」とふり返り、改めて“森田マジック”に敬意を表していた。

『の・ようなもの のようなもの』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top