小栗旬、藤ヶ谷太輔への態度はツンデレ? | Push on! Mycar-life

小栗旬、藤ヶ谷太輔への態度はツンデレ?

エンタメ エンタメ

松山博昭監督、山田孝之、柴咲コウ、小栗旬、向井理/『信長協奏曲』初日舞台挨拶
  • 松山博昭監督、山田孝之、柴咲コウ、小栗旬、向井理/『信長協奏曲』初日舞台挨拶
  • 柴咲コウ、小栗旬、向井理/『信長協奏曲』初日舞台挨拶
  • 松山博昭監督、山田孝之/『信長協奏曲』初日舞台挨拶
  • 柴咲コウ、小栗旬、向井理/『信長協奏曲』初日舞台挨拶
  • 山田孝之、柴咲コウ、小栗旬/『信長協奏曲』初日舞台挨拶
映画『信長協奏曲』が1月23日(土)に公開を迎え、主演の小栗旬をはじめ、柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔、高嶋政宏、山田孝之、松山博昭監督が上映後の舞台挨拶に登壇した。

現代の高校生・サブローが戦国時代にタイムスリップし、瓜二つの病弱な織田信長と入れ替わり、天下統一を目指すという異色の時代劇の完結編。

小栗さんは、一昨日から昨日にかけて、フジテレビの情報番組などに出続けて公開直前まで映画の宣伝に努め、お天気キャスターまでこなしたが「『イヤだ』って言わなきゃ、こんなにいろいろやらされるもんなんですね…」と苦笑いを浮かべる。

完成した映画については「面白かったです」と自画自賛。そして「ホッとしました。2年近くみんなと過ごしてきたので、あぁ、よかった。サブローの長い旅が終わったという気持ちです」と安堵の表情を見せた。

小栗さんと向井さんが馬で駆け抜ける合戦シーンでは、向井さんが落馬してしまい、しかもそのシーンがそのまま使用されていることことも話題となっているが、小栗さんは「理くんと2人で『行きたくないね』と言ってたんです。ホントに怖かった。どっちかは落ちるだろうと思って走り出した」と述懐。

向井さんは「これまで2回、馬から落ちてるんですがどちらもこの『信長協奏曲』。1回目はドラマの第1話で、あれは完全に旬のせいでもらい事故だったんですが…(笑)。今回は、映画でも使っていただいて、落ちがいがありました」と笑顔で語る。

藤ヶ谷さんは小栗さんとの共演を振り返り「カッコよくて優しいです。2人きりだとメチャクチャ優しいけど、みんなといるとちょっと冷たくするんです」と小栗さんの“ツンデレ”ぶりを明かす。小栗さんはこれを受け、藤ヶ谷さんに「映画の中での藤ヶ谷くんの一番の見せ場はどこ?」と話を振るも、藤ヶ谷さんが慌てて噛むと「はい、もういいです。イマイチでしたね(笑)」と切り上げるというSっぷりを見せ、会場は笑いに包まれた。

舞台挨拶の最後には映画の成功を祈願して登壇陣で鏡開きを実施。小栗さんは自らの「乾杯!」の発声で金の大きな盃の酒に口をつけたが「やばいっすね(笑)。全部飲んだら、2回目の舞台挨拶に立てなくなりそう…」と困った表情を浮かべていた。

『信長協奏曲』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top