田中直樹&山口沙也加ら「猫侍」SPドラマに参戦!玉之丞、飛脚で江戸へ!? | Push on! Mycar-life

田中直樹&山口沙也加ら「猫侍」SPドラマに参戦!玉之丞、飛脚で江戸へ!?

エンタメ エンタメ

スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
  • スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
  • スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
  • スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
  • スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
  • スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
  • スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
  • スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
  • スペシャルドラマ「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」(C)2016「猫侍SP」製作委員会 
コワモテの剣豪・斑目久太郎(北村一輝)と、白猫・玉之丞のツンデレな関係が多くの猫ファンの心を捉え、“猫映画ブーム”の火つけ役となった動物時代劇「猫侍」シリーズ。このほど、ファンからの熱い要望で決定した2月放送のスペシャルドラマに、動物好きで知られる田中直樹(ココリコ)や、女優の山口沙也加、さらにカンニング竹山などのキャストが発表となり、1月15日(金)よりEDO WONDERLAND 日光江戸村にて撮影中の現場からコメントが到着した。

人里離れた場所にぽつんとある寺小屋「白玉塾」に赴任してきた教師の美和(山口紗弥加)は、驚いた。その寺子屋では、子どもたちと一緒に白猫が授業を受けていたのだ。猫の名は玉之丞といい、前塾長が拾ってきたのだという。皆から愛され幸せな日々を送っていた玉之丞だったが、ある日、江戸の大名に送る意見書と贈り物が入った箱の中にうっかり入り込んでしまい、そのまま飛脚の飛松(田中直樹)の手によって一路、江戸へ運ばれてしまうことに。

一方、飛脚の飛松も、驚いた。寺小屋から預かった江戸宛ての荷物が、「にゃあ」と鳴いたのだ。急いで箱を開けると中から白い猫が顔を出した。美和から大事な荷物だと念を押されていた飛松は、“飛脚の意地”とばかりにあの手この手で、その“箱入り猫”を大名に受け取ってもらおうとするが…。

今回のスペシャルドラマで描かれるのは、玉之丞のルーツ。ドラマ・映画の視聴者から寄せられた一番多い疑問に「玉之丞が久太郎と出会う前は、どんな人生を過ごしてきたのか?」ということ。一番初めての飼い主は誰なのか? どんな出会いをして、久太郎に出会ったのか? 本作で玉之丞のすべてが明らかにされるという。

主演を務めるのは、芸能界随一の動物好きとして知られ、映画『みんなのいえ』では映画初主演にして日本アカデミー賞「新人俳優賞」を受賞するなど、多彩な活躍を見せるお笑いコンビ「ココリコ」の田中さん。ヒロインには、2015年には月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」ほか計6本の連続ドラマにした山口さん。主役猫・玉之丞はもちろん、メイキングDVD「三匹の玉之丞」がオリコン総合ランキング1位、「玉之丞写真集」もベストセラーとなるなど、いまやスター猫の“あなご”と“さくら”。そのほか、カンニング竹山、モロ師岡、渡辺哲、ユキリョウイチなど豪華キャストが集結している。

<以下、キャストコメント>
■田中直樹(飛松役)
ひょんなことから、玉之丞を江戸へ運ぶことになる飛脚の役を演じています。これを観れば、セカンドシリーズにもなっている「猫侍」の北村一輝さん演じる斑目久太郎と玉之丞がいかにして出会ったのかということが非常によくわかるエピソードゼロのようなお話です。現場における玉之丞のかわいさと圧倒的なお芝居。癒されながら現場をやらせていただいています。これを観て、もう一度シリーズを見直していただくのも楽しいですし、もちろん、このドラマ単体でも非常に楽しめると思います。ぜひご覧頂きたいと思います。

■山口紗弥加(美和役)
玉之丞に会える!! その事実に台本も開かずお引き受けしました。彼女の視線を、ひと鳴きを、スタッフ・キャストが息を殺して待っている。1カット撮るたびに皆が「かわいい!」ともてはやす。正直、嫉妬しています(笑)可愛すぎる。ずるい。見ているだけで癒される……もう、幸せです。この幸せを早く皆さんにお届けしたい! そんな気持ちで撮影しています。あと少し、お待ち下さい。

■カンニング竹山
「猫侍」のファンの方が沢山いらっしゃると思いますが、今回、面白いのは、玉之丞ちゃんは、どっから来て、どうなって、皆さんが大好きな「猫侍」になったのかというすべてが分かります。ちょっと一風変わった時代劇として、なかなか遡ることってなかったと思うので、胸のつかえがスッと取れるような作品になっています。内容は観てのお楽しみですが、何故私がこんな格好をしているのか(劇中衣装を着て)…」

「猫侍 玉之丞、江戸へ行く」は2月19日(金)より全国12局ネットほかにて順次放送開始。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top