【予告編】佐藤健、大切なものを消すとしたら…『世界から猫が消えたなら』 | Push on! Mycar-life

【予告編】佐藤健、大切なものを消すとしたら…『世界から猫が消えたなら』

エンタメ エンタメ

『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
  • 『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
  • 『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
  • 『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
  • 『世界から猫が消えたなら』(C)2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
世界初のLINE小説を、佐藤健と宮崎あおいをメインキャストにして贈る映画『世界から猫が消えたなら』。この度、本作の90秒にわたる最新予告編が解禁され、併せて佐藤さんが猫を抱く場面写真も公開された。

僕は生きるために消すことを決めた30歳郵便配達員、余命あとわずか。そんな僕の前に僕と同じ姿をした悪魔が現れた。大切なものと引き換えに1日の命を与えるという。何かを得るためには、何かを失わなくてはならない。電話、映画、時計…そして猫。失われていく世界のなかで、僕はかつての恋人に再会する。かつて愛し、別れたときを思い出していく。親友そして疎遠になってしまった父の想いに触れていく。果たして僕が見つけたのは亡き母が残した手紙だった。そして人生にとって最後の日、僕はある決断をする。

原作は、「電車男」『告白』『悪人』など数々のヒット作を手掛けた映画プロデューサー・川村元気の、LINE連載という世界初の形態で発表した同名小説。のちに2013年の「本屋大賞」にノミネート、そして文庫化、コミックス化され、中国、韓国、台湾でも出版、現在は累計発行部数100万部を突破しベストセラーとなった。

本作で「僕」と「悪魔」の二役に挑むのは、『るろうに剣心』や昨年公開された『バクマン。』など様々な役どころを演じ分ける佐藤さん、そのかつての恋人には、現在放送中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で主人公の姉役を好演する宮崎さんが演じ、初共演を果たす。さらに、映画マニアの親友役に濱田岳、疎遠になった父を奥田瑛二、死別した母を原田美枝子、奥野瑛太、石井杏奈、そして「僕の愛猫」(=キャベツ)もかわいらしく共演している。

今回解禁された予告編は、主人公演じる佐藤さんが、「にゃー」と鳴く猫・キャベツを愛しそうに抱きかかえている映像から始まる。「僕、もうすぐ死ぬんだ」と僕がかつての恋人に話すシーンや、出演者たちが思い思いに涙するシーンも登場。先日発表され、注目を集めた現在16歳の新人・HARUHIが歌う主題歌「ひずみ」も披露されている。

さらに本映像冒頭には、公開に先駆けて実施されたモニター試写での模様が映し出され、号泣する女性の姿が。涙に言葉が出ない女性や、「自分が死ぬ前に最後に観たい映画」と感想を語るなど、様々なリアクションを見ることができる。


『世界から猫が消えたなら』は5月14日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top