【センター試験2016】自己採点で合否判定、東進で合格可能性をチェック | Push on! Mycar-life

【センター試験2016】自己採点で合否判定、東進で合格可能性をチェック

教育 教育

合否判定システム
  • 合否判定システム
  • 判定結果
  • 東進ドットコム
 東進ドットコムは1月20日に「合否判定システム」を公開した。センター試験の自己採点結果から志望校の合格可能性が判定できる。判定には会員登録(無料)が必要。

 合否判定システムは、センター試験の自己採点結果をもとに志望校の合格可能性を判定するシステム。A(合格可能性80%以上)~E(合格可能性35%未満)の5段階の合格判定ができる。利用するには、会員登録(無料)が必要。一度登録を行えば自分専用のページで判定履歴を一括管理できる。また、指定のメールアドレスに判定履歴を送信することもできる。合格可能性Aラインまであと何点足りないかを一目で確認できる項目もある。

 合格可能性80%以上のAライン得点をみていくと、東京大学(900点満点)は文科一類が830点、文科二類が820点、文科三類が816点、理科一類が840点、理科二類が837点、理科三類が860点。京都大学は法(前期、270点満点)が240点、理・理学科(前期、225点満点)が208点、医・医学科(前期、250点満点)が233点など。

 東進ドットコムではこのほか、センター試験予想平均点や解答速報、問題解説などを掲載している。
《工藤めぐみ》

特集

page top