レディー・ガガ&U2ボノら、シナトラ生誕100周年を祝う「グラミー・トリビュートライブ」放送決定 | Push on! Mycar-life

レディー・ガガ&U2ボノら、シナトラ生誕100周年を祝う「グラミー・トリビュートライブ」放送決定

エンタメ エンタメ

(中央)フランク・シナトラ、(左上から時計回り)トニー・ベネット、レディー・ガガ、アリシア・キーズ、ボノ(U2)、アッシャー、アダム・レヴィーン、セス・マクファーレン、キャリー・アンダーウッド、ハリー・コニックJr、ザック・ブラウン、セリーヌ・ディオン、ジョン・レジェンドGetty Images GRAMMY(R), GRAMMYs(R), GRAMMY Awards(R), and the gramophone logo are registered trademarks of The Recording Academy(R) and are used under license (c)2015 The Recording Academy
  • (中央)フランク・シナトラ、(左上から時計回り)トニー・ベネット、レディー・ガガ、アリシア・キーズ、ボノ(U2)、アッシャー、アダム・レヴィーン、セス・マクファーレン、キャリー・アンダーウッド、ハリー・コニックJr、ザック・ブラウン、セリーヌ・ディオン、ジョン・レジェンドGetty Images GRAMMY(R), GRAMMYs(R), GRAMMY Awards(R), and the gramophone logo are registered trademarks of The Recording Academy(R) and are used under license (c)2015 The Recording Academy
  • レディー・ガガ-(C)Getty Images
  • アリシア・キーズ-(C) Getty Images
  • セリーヌ・ディオン-(C)Getty Images
  • 「U2」ボノ -(C) Getty Images
グラミー賞受賞者のレディー・ガガ、アリシア・キーズ、セリーヌ・ディオン、さらに「U2」ら世界のトップ・アーティストたちがフランク・シナトラゆかりの名曲を歌う、最高に贅沢なバースデーライブ「グラミー・トリビュートライブ ~フランク・シナトラ生誕100周年~」。2015年12月2日にラスベガスにて開催された本ライブが、本年度グラミー賞受賞式に先立ち、1月31日(日)にWOWOWにて放送されることになった。

May you live to be 100, and may the last voice you hear be mine.
「皆が100歳まで生きますように。そして最期に聞くのが私の歌声でありますように」

これは、フランク・シナトラの有名な言葉であり、彼はよくこう言ってコンサートを締めくくっていたという。第2次世界大戦前の1930年代から1990年代まで長きにわたり活躍した、20世紀のアメリカを代表する歌手にして偉大なるエンターテイナー、シナトラ。映画スターや監督の顔も持ち、マリリン・モンローなど多くの女優と浮き名を流したプレイボーイで、ジョン・F・ケネディ大統領の友人、そしてマフィアとの黒い関係などでも知られている。70年以上のキャリアの中で1,800曲以上をレコーディング、数々の大ヒット曲を生み出し、その後の音楽シーンとアーティストたちに絶大な影響を与えたレジェンドだ。

1915年12月12日生まれ、生きていれば100歳を迎えていたシナトラにちなみ、12月2日、アンコール・シアター・アット・ウィン・ラスベガスで行われたのが、この豪華なバースデーライブ。彼を愛してやまないトップ・アーティストたちが集結し、その名曲に酔いしれるだけでなく、彼が歩んだ軌跡を追い、彼がどれほど多くのアーティストに影響を与えている存在なのかを歌とエピソードで伝えていく。

1940年代から彼の人生のエポックごとに、LL・クール・Jや、かつてシナトラのプロデュースを手掛けたクインシー・ジョーンズほか、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のジェレミー・レナー、『ターミネーター2』ロバート・パトリックなど、豪華ナビゲーターが登場する。

最高に贅沢な出演アーティスト陣で、まず注目したいのが、セリーヌ・ディオン。彼女はシナトラとデュエットしたこともあるが、先日逝去した夫・レネもまたシナトラの大ファンだった。今回、彼女が熱唱した「All The Way」は夫婦のウェディング・ソングだったことでも知られ、ライブ当時、夫の看病中だったセリーヌは、この特別な曲をシナトラと夫に捧げ、歌い上げている。

また、シナトラゆかりの人物として絶対にはずせないのが、トニー・ベネットだ。シナトラが「音楽界最高の歌手」と讃えたトニーは、古き良きアメリカの美学を伝える第一人者で、2014年にはレディー・ガガとのコラボも話題を呼んだ。グラミー賞の常連である“生きるレジェンド”が登場すると、会場は総立ち! 「I’ve Got the World on a String」でライブを盛り上げている。

さらに、アリシア・キーズが、シナトラのピアノナンバー「I've Got a Crush on You」をしっとりと歌えば、会場は一転、大人のジャズバーの雰囲気に。「あなたに夢中」と歌う恋の名曲は、本来は情熱的で陽気な恋の歌だったが、1939年にリー・ワイリーがスローでセンチメンタルなバラードにアレンジして以来、女心を歌ったバラードとして有名に。アリシアは、この昔から語り継がれた恋のメロディーを、しっとりとしたピアノの弾き語りでシナトラに捧げる。

ほかにも、アダム・レヴィーン(マルーン5)、アッシャー、ジョン・レジェンド、キャリー・アンダーウッド、ザック・ブラウンなど、ジャンルや世代を超えた人気アーティストたちが出演しているが、ちょっと変わったところでは、『テッド』シリーズの監督でもおなじみのセス・マクファーレンも登場。彼もまたシナトラの大ファンだということで、唯一“歌手ではない”ながら出演し、歌を披露する。キワドい冗談を連発するキャラクターとしても知られる彼が、ダンディーなシナトラ・ワールドをどのように歌い上げるのか、要注目。

そして、シナトラ・ナンバー以外の曲も登場。ロンドンからは「U2」のボノとジ・エッジが出演し、シナトラのために彼らが書き下ろした「Two Shots Of Happy, One Shot Of Sad」を披露する。シナトラ自身のことを書いた詞だったが、“本人に却下されてしまった”という逸話を持つ曲だ。その後、ボノはオーケストラでレコーディングし、シナトラの80歳の誕生日に贈ったという貴重なこの曲は、生誕100周年らしいスペシャル・プレゼントとなった。

ライブのトリを飾るのは、我らがガガ。彼女は、シナトラのトレードマークである黒のスーツ&蝶ネクタイ姿で登場し、大ヒット曲「Theme from New York, New York」を熱唱。髪はシナトラのようにオールバックでダンディーに。いつもと違うガガが楽しめるのもうれしいサプライズ。ラスベガスのショー・ガールと共に、ラスベガスの夜に君臨したシナトラの世界を華やかに演出し、ライブを締めくくる。

カントリー、ポップス、R&Bなど、ジャンルも世代も違うアーティストたちが歌うことで、シナトラの紡いだ音楽がいかに時代を越えたものか伝わってくるライブとなっている。

「グラミー・トリビュートライブ ~フランク・シナトラ生誕100周年~」は1月31日(日)20:00~WOWOWプライムにて放送。

第58回グラミー賞授賞式は2月16日(火)9:00~WOWOWプライムにて生中継。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top