山田洋次監督、最新作のアイディアは蒼井優からヒント?「先生って呼ばないと」 | Push on! Mycar-life

山田洋次監督、最新作のアイディアは蒼井優からヒント?「先生って呼ばないと」

エンタメ エンタメ

蒼井優/『家族はつらいよ』完成報告会見
  • 蒼井優/『家族はつらいよ』完成報告会見
  • 妻夫木聡/『家族はつらいよ』完成報告会見
  • 『家族はつらいよ』完成報告会見
  • 吉行和子、中嶋朋子/『家族はつらいよ』完成報告会見
  • 林家正蔵/『家族はつらいよ』完成報告会見
  • 山田洋次監督、橋爪功/『家族はつらいよ』完成報告会見
  • 妻夫木聡/『家族はつらいよ』完成報告会見
  • 蒼井優/『家族はつらいよ』完成報告会見
山田洋次監督待望の喜劇『家族はつらいよ』の完成報告会見が1月19日(火)、有楽町・朝日スクエアで行われ、山田監督ならびに、キャストの橋爪功、吉行和子、西村雅彦、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優が顔を揃えた。撮影以来、本作で出演者が一同に介すのは初めてとなったが、ノリ突っ込みありの仲の良さが見られる爆笑会見となり、最終的に原案のヒントを与えたとされた蒼井さんが「先生」とまつられていた。

『家族はつらいよ』は、2013年に公開された映画『東京家族』の家族8名による、「この家族で喜劇をつくりたい」という山田監督の願いで実現した作品。結婚50年を迎えようとする夫婦の熟年離婚騒動を、子どもたちも含めドタバタで描かれる。

今回「熟年離婚」というテーマに向き合った山田監督だが、「蒼井優の知り合いにそういう人がいたと聞きました。『誕生日のお祝いやろうか』って言ったら『離婚届にハンコをちょうだい』って。申し訳ないけど笑ってしまって。そこから映画ができるんじゃないかなと思ったんです。本当は原案・蒼井優にしないといけないんじゃないかな…」と、意外な着想について語った。笑いながら首を横に振って否定していた蒼井さんだったが、橋爪さんも応戦し、「これから私のことを『先生って呼んで』って言ってた」とばらし、山田監督と「そう、先生」と、かわいらしく突っ込まれていた。

最初、映画『東京家族』と似たような役柄でオファーされていたという妻夫木さんは、設定が急に変わって戸惑ったことを明かした。「真逆と言ってもいいくらい変わりましたね。脚本読みが終わって、22時ころ携帯が鳴って。何だろうと思ったら山田洋二監督と出て…。『君の役をちょっと変えようと思う』って。こんなびっくりした(着信)のは和田アキ子さん以来です(笑)」と共演者も爆笑させていた。

『家族はつらいよ』は3月12日(土)より全国にて公開。
《photo / text:Ayako Ishizu》

特集

page top