【特別映像】『ブリッジ・オブ・スパイ』立場を超えた“友情”にアカデミー賞も席巻 | Push on! Mycar-life

【特別映像】『ブリッジ・オブ・スパイ』立場を超えた“友情”にアカデミー賞も席巻

エンタメ エンタメ

トム・ハンクス&マーク・ライランス/『ブリッジ・オブ・スパイ』 -(C)  Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
  • トム・ハンクス&マーク・ライランス/『ブリッジ・オブ・スパイ』 -(C)  Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
  • トム・ハンクス&マーク・ライランス/『ブリッジ・オブ・スパイ』 -(C)  Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』-(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』-(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』-(C) Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』 -(C)  Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
  • スピルバーグ&トム・ハンクス/『ブリッジ・オブ・スパイ』 (C)Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC.  Not for sale or duplication.
スティーヴン・スピルバーグ監督とトム・ハンクスが4度目のタッグを組み、東西冷戦下の実話を基に描くエンターテイメント大作『ブリッジ・オブ・スパイ』。先日発表されたように、第88回アカデミー賞では「作品賞」を含む6部門にノミネート、英国アカデミー賞でも最多9部門にノミネートを果たした本作から、特別映像が到着。すでに全米映画批評家協会賞など8つの「助演男優賞」を獲得し、現在、アカデミー賞をはじめ5つの映画賞にノミネートもされているソ連のスパイ役マーク・ライランスと、主演のトム・ハンクスが魅せる“友情”が明らかになった。

本作の舞台は、アメリカとソ連が一触即発の冷戦状態にあった1950年~60年代。主人公のジェームズ・ドノヴァンは“実在の”アメリカ人弁護士。保険が専門だったごく普通の弁護士ドノヴァンに与えられたミッションは、自身が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕らえられたアメリカ人パイロットの交換を成し遂げることだった。交渉の場は、敵地の東ベルリン。緊迫した状況のもと、ドノヴァンの孤立無援の闘いが始まる…。

本作が公開されるや、SNSでは「毎度ながら、トム・ハンクスの人間性の表現の仕方は本当にすごいと思わされる」「マーク・ライランスの存在感が凄かった」「ドノヴァンとアベルの2人の関係に泣かされた」と、ハンクスとライランスの演技と、そして2人が演じた“弁護士”ドノヴァンと“敵国のスパイ”アベルという関係にも関わらず、人間同士として信頼関係を築いていく様子に感銘を受けたという声が数多く挙がっている。

その時代、敵国の人間を弁護することは、彼自身はおろか家族までもが世間の批判と軽蔑の対象になり、命の危険にさらされるかもしれないため、当初、アベルの弁護人になることをドノヴァンは躊躇する気持ちがあった。しかし、“弁護人”としてアベルに接し、公平な裁判を受けさせたいと戦略を練るうちに、また彼の達観したような人柄や芸術好きな一面に触れるうちに、2人の間には尊敬の気持ちが芽生え、立場を超えた絆が生まれていく。実際にドノバンの娘が「父に連れられて、何度か刑務所のアベルを訪ねた。父は、彼と一緒にすごす時間を楽しんで、彼との友情を大切にしていたわ」と明かしていることからも、2人の関係が伺える。


アベルを演じたライランスは、「スパイとして生きてきたアベルは、愛着や所属意識を持つことをずっと避けてきた。そんな彼がドノヴァンに興味を抱き始めるんだ」と自身の演じた役どころを分析するが、到着した映像ではまさに、ドノヴァンに興味を抱き始めてから、その思いが信頼へと変わっていく様子が描かれ、最大の尊敬を込めて「不屈の男」と呼ぶ姿が描かれている。

平凡な人生を歩んできた弁護士と、孤独に生きてきたスパイとの、立場を超えた心の交流をこの映像からも確かめてみて。

『ブリッジ・オブ・スパイ』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top