DIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ100PREMIの総合力を検証する! プロショップ・インタビュー Part.3 「EAST」/「カーオーディオスタジアム」編 | Push on! Mycar-life

DIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ100PREMIの総合力を検証する! プロショップ・インタビュー Part.3 「EAST」/「カーオーディオスタジアム」編

カーオーディオ 特集記事

DIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ100PREMI
  • DIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ100PREMI
  • スズキ・MRワゴン by EAST
  • スズキ・MRワゴン by EAST
  • カーオーディオスタジアム
  • カーオーディオスタジアム
デビューから4年目を数えた2015年10月に、初のフルモデルチェンジを果たした“DIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ100PREMI”。その“総合力”を検証すべく、全国の有力ショップへのインタビュー取材を実行している。プロ目線での評価を、詳細にリポートしていく。

今週は、大阪府に店舗を構える、2つの実力ショップ、「EAST」と「カーオーディオスタジアム」にご協力いただいた。まずは、「EAST」の藤原さんにお訊きしたお話からご紹介していこう。

藤原さんにはまず、使用感についてお訊きした。

「スマホのように操作できるようになり、ぐんと使いやすくなりましたよね。ピンチイン/ピンチアウトで地図の拡大/縮小ができたり、フリック操作で目的のメニューを表示させることができたり。調整項目の切り換えもフリック操作で行えるので、チューニングもしやすくなっています。

やりたいことをサクサク選べるあたりも好印象です。例えば、地図画面上の左端にAVソースの切り換えボタンが表示されています。これに触れば地図画面のままソース一覧が出てきて、そこからワンタッチでソース切り換えが行えます。反応も速いですし。

ルート検索もしやくなっていますね。施設名を入力する際にも、賢く予測変換してくれますので、目的地を素早く探せます。そして探索スピードも速い。

あと細かい点なのですが、『DIATONE SOUND.NAVI』は、地デジが快適に観られるんですよ。長距離を走っているときに、エリアの切り換えがスムーズなんです。地デジチューナーとアンテナが高性能なんですね。あまりクローズアップされませんが、『DIATONE SOUND.NAVI』はその部分でも長けています」

さらには、音についてもお訊きした。

「歴代のモデルと比べても、別格ですよね。とにかくS/Nの向上が大きいです。表現力も上がっています。これまではどちらかというあっさりした傾向の音だったのですが、今回はより味わい深くなっているんです。ちなみに組み合わせるスピーカーは、ヨーロッパ系のモデルがおすすめですね。濃いめのサウンドが特長のスピーカーとの相性が良いんですよ。それは従来機からの傾向だったのですが、今作ではさらに相性が上がっています。濃密なサウンドが楽しめますよ。

デモカーの“スズキ・MRワゴン”では、イスラエルの“モレル”のスピーカーを鳴らしています。そこに“カロッツェリア”のRSシリーズのサブウーファーを追加して。お近くでしたら、ぜひ1度、デモカーを聴き来ていただきたいですね。“NR-MZ100PREMI”と“モレル”のマッチングも良好です。お気軽にお越しください」

ちなみに、“モレル”のスピーカーとは、最近話題の超薄型モデル、とのことだ。このスピーカーが気になっている方も多いと思う。「EAST」に行けば、“NR-MZ100PREMI”と注目のスピーカー、両方のサウンドを確認できる。お近くの方もそうでない方も、「EAST」まで、ぜひ。

さて続いては、「カーオーディオスタジアム」の桑野さんのお話をご紹介していこう。桑野さんにはまず、ナビ性能についてお訊きした。

「ナビとしても、別モノになっていますよね。まず、案内の仕方が分かりやすくなっています。例えば、交差点の表示とか。曲がる手前から交差点拡大図を3D表示してくれて、曲がる方向の案内も画面と音声で的確に教えてくれます。立体交差点のビジュアルも見やすいですね。目的地にピンポイントで着けるのもうれしいです。込み入ったところでも、行きたい場所まで確実に連れていってくれますね」

次には、ビジュアル面についてもお訊きした。

「画質も相当に向上しています。黒色が、より黒く、より深く表現されるようになっているんですよ。ライブDVDを観るときに特に実感します。真っ暗な中から光が浮き上がってくるシーンなどが、より鮮やかに表現されるようになりました。

DVDに関したことで言うと、フロント2chでも擬似的に5.1ch再生してくれる『ダイヤトーン・サラウンド』の機能も気が効いています。スイッチ1つで5.1ch的な音場を味わえるのですから、これは使わないともったいないと思います」

音についてもお訊きした。

「ぱっと聴いたときの印象が、かなり向上していますよね。カーオーディオが初めてという方にも、良さがわかりやすくなっています。具体的には、解像度とS/Nの向上が著しいですね。鮮明で、そしてリアリティも上がっています。

“NR-MZ100PREMI”を使ったら、後々は外部パワーアンプの導入まで視野に入れていただきたいですね。潜在能力が高いので、それを引き出して、良さを十二分に味わっていただきたいと思うんです。現代的なサウンドを聴かせてくれるパワーアンプがおすすめです。“NR-MZ100PREMI”の良さが、さらに活きてくると思います。

手を掛けるほどに、能力が引き出されていきますから、“NR-MZ100PREMI”ならば、ステップアップするワクワク感を十分に味わえると思います。長く楽しんでいただきたいですね」

ちなみに「カーオーディオスタジアム」は、デモボードが充実しているお店としても知られている。数多くのスピーカーの比較試聴ができ、さらにはパワーアンプも、計12種類を聴き比べられるとのことだ(機種数は時期により多少変動することもある)。“NR-MZ100PREMI”の内蔵アンプとの比較試聴も可能だ。“NR-MZ100PREMI”の実力をじっくりと検証してみたいと思っているのなら、「カーオーディオスタジアム」までお気軽に足をお運びいただきたい。

今週もまた、“NR-MZ100PREMI”の実力の確かさを確認することができた。ナビとしても、AV機器としても、安心して使えるモデルであることは疑いようがない。“NR-MZ100PREMI”の音と映像と使い心地を未体験ならば、ぜひお近くのプロショップで、ご確認を。
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top