田中圭、「家族ノカタチ」で謎のストーカー男に挑戦! | Push on! Mycar-life

田中圭、「家族ノカタチ」で謎のストーカー男に挑戦!

エンタメ エンタメ

「家族ノカタチ」(C)TBS
  • 「家族ノカタチ」(C)TBS
  • 「家族ノカタチ」(C)TBS
  • 「家族ノカタチ」(C)TBS
香取慎吾主演で贈る17日(日)より放送スタートするドラマ「家族ノカタチ」。この度、24日放送の2話から登場する謎のストーカー男役に俳優・田中圭が出演することが明らかとなった。

本作は、香取さん演じる結婚しない39歳“こじらせ男子”の主人公・永里大介のもとに突然やってきた父親・陽三(西田敏行)と、大介と同じマンションの上の階に住む上野樹里演じる“結婚しない”ヒロイン熊谷葉菜子の元にこちらも入り浸る母親・律子(風吹ジュン)、特殊な事情を抱えた2組の親子を中心に、周囲の人々が互いに交差し、様々な想いを巡らせながら、それぞれの “家族ノカタチ”を作っていくというホームドラマ。そのほか、水原希子、荒川良々といった個性派キャストが脇を固めている。

そして明日17日放送の第1話では、大介にとって待ちわびた日。長年の努力が結実し、遂に念願のマンションを購入したのだ。荷物の運搬作業中、空から1枚の女性用ガードルが降ってくる。見上げると、5階のベランダから覗き込む女性の影が。大介はすぐに彼女の部屋まで届けに行くが、乱暴にガードルをひったくられ、ドアが閉ざされる。これが大介と、商社OL32歳独身・葉菜子との出会いであった。

さらに翌日仕事が終わると、1人黙々とトレーニング。メニューをこなし、帰りがけにはビアバーで大好きなビールを嗜むという、誰にも邪魔されない至福の時間だった。しかしそれも束の間。購入したばかりのマンションに帰ると、周囲は消防車で封鎖され、人だかりが。出火の原因は誰もいないはずの大介の部屋だという。そして消防士に囲まれて出てきた犯人は、何年も顔すら合わせていなかった大介の父親。突然田舎から出てきて、管理人から鍵を拝借し勝手に部屋に入り、火事と間違えられるような燻製作りを楽しんでいたのだ。よくよく話を聞けば、父親は知らぬ間に再婚した挙句、その相手に逃げられ、新しく出来てしまった13歳の義理の息子まで連れてきていた――。

今回明らかとなったのは、第2話終盤から登場する上野さん演じる葉菜子に近づく“謎の男”役の田中さん。葉菜子を付け回す素振りを見せ、第3話では、ついに葉菜子の会社へも訪ねてくるストーカーぶりもみせる役どころだ。しかし、実はその正体は、葉菜子の元夫・高瀬和弥だった。高瀬は離婚後、海外赴任となり、久しぶりに日本に戻ってきた。未だ独身の彼は、葉菜子との離婚を後悔し、逃げる葉菜子の元に何度も訪れる。さらには葉菜子の母・律子を通して葉菜子に近づこうとする。高瀬は、大介と違い子どもが好きで家族を大事にする考えの持ち主で、仕事もでき容姿もさわやかで、結婚相手としては申し分ない人。律子もふたりの復縁を望んでいるほどだが、なぜか葉菜子は離婚の理由さえも周囲に話そうとしない…。

出演が決定した田中さんは台本を読んで「自分なりに『こうしよう』と考えているものと、実際上がってきた本との差を楽しんでいます。なるべくどのようにでも出来るようにしたいです。(葉菜子に)すごく避けられているので、何やったんだろう?って(笑)。すごく楽しみです」とこれからの物語に期待を寄せていると語った。また同世代の結婚しない男について「結婚のよさも勧められるし、かといって結婚をしない1人きりのよさも分かるし。 全ては“気分”と“タイミング”で良いと僕は思います」とコメント。

2人はなぜ離婚したのか、復縁はあるのか、ドラマファンの間でひそかに話題となっていた葉菜子の元夫の発表で、またさらに注目を集めそう。

「家族ノカタチ」は1月17日(日)21時~TBSにて放送開始(初回15分拡大)。
《cinemacafe.net》

特集

page top