クリスタル・ケイ、香港へ一人旅で“ぼっち”夜景!「寂しいとかは全く感じない」 | Push on! Mycar-life

クリスタル・ケイ、香港へ一人旅で“ぼっち”夜景!「寂しいとかは全く感じない」

エンタメ エンタメ

クリスタル・ケイ/『シーズンズ 2万年の地球旅行』舞台挨拶
  • クリスタル・ケイ/『シーズンズ 2万年の地球旅行』舞台挨拶
  • クリスタル・ケイ/『シーズンズ 2万年の地球旅行』舞台挨拶
  • クリスタル・ケイ/『シーズンズ 2万年の地球旅行』舞台挨拶
  • クリスタル・ケイ/『シーズンズ 2万年の地球旅行』舞台挨拶
  • クリスタル・ケイ/『シーズンズ 2万年の地球旅行』舞台挨拶
クリスタル・ケイが1月16日(土)、日本語版エンディングテーマを書き下ろした映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』の舞台挨拶に登壇。生で観客の前で初めて「Everlasting」を披露した。

『WATARIDORI』『オーシャンズ』など画期的な映像でネイチャー・ドキュメンタリーを世に送り出してきたジャック・ペラン&ジャック・クルーゾのコンビによる最新作。製作費40億円を費やし、動物たちの2万人に及ぶ歩みを、自然の美しさ、残酷さを交えつつ描き出す。

上映後の劇場に姿を現したクリスタル・ケイさんは力強い歌声を響かせ、映画を見終えたばかりの観客を再び感動の渦へと巻きこむ。歌い終えると割れんばかりの拍手が沸き起こったが「初めて(観客の前で)歌ったので緊張しました」とホッとした表情を見せた。

書き下ろしで提供したこの「Everlasting」について「お話をいただいたときは、まだ映像を見てなかった」と明かし「壮大な場面を想像しつつ『大きな愛』をテーマに作りました」と語った。

映画については「すごく感動しました! どうやって撮ったの? 何時間撮り続けてるの? と思いました。動物にも家族愛があるんだなと感じた」と語ったが「ほっこりした」と言うところを「ほっこらした」と言ってしまい、会場は笑いに包まれた。

この日は、司会者からのたびたびのムチャぶりの質問にも対応。「驚きの映像」にちなんで、今年に入って最も驚いたことを問われると「一人旅で初めて香港に行き、世界TOP3に入るという夜景を見ました」と明かす。友人も家族も一緒ではなく「(夜景を)ひとりで見てるのは私だけでした」と振り返ったが「ひとりで大丈夫なんです。寂しいとかは全く感じない」と語る。

また、自身はどんな動物に似ているか? という再度のムチャぶり質問には「猫? トラ? イルカって言われたことはあります(笑)」と明かした。なお、動物占いでは「バンビ(子鹿)」とのことで「感情豊かな夢見る少女。人当たりが柔らかく、フレンドリーに見えて、なかなか他人い心を開かず、何を考えてるか分からない」という評価を聞き「何を考えてるか分からないとは言われます」と苦笑していた。

今年はツアーも控えるが「2016年はアピールの年にしたい。心に届く歌を歌っていけるように、たくさんライヴやパフォーマンスをしたい」と目標を語った。

『シーズンズ 2万年の地球旅行』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top