松坂桃李、お正月から大ピンチ!「甥っ子にお年玉をあげたいのに…」 | Push on! Mycar-life

松坂桃李、お正月から大ピンチ!「甥っ子にお年玉をあげたいのに…」

エンタメ エンタメ

松坂桃李/『パディントン』公開記念舞台挨拶
  • 松坂桃李/『パディントン』公開記念舞台挨拶
  • 三戸なつめ/『パディントン』公開記念舞台挨拶
  • 斉藤由貴/『パディントン』公開記念舞台挨拶
  • 『パディントン』公開記念舞台挨拶
  • 『パディントン』公開記念舞台挨拶
松坂桃李が1月16日(土)、都内で行われた『パディントン』の公開記念舞台挨拶に登壇。劇中で可愛らしい失敗をするクマのパディントンにちなみ、「甥っ子にお年玉をあげようと思ったら、お金がなくて(笑)。慌てて銀行で下しました」と最近の失敗談を明かした。

この日はパディントン役の松坂さんに加えて、パディントンを歓迎するブラウン一家のお母さんを演じる斉藤由貴、ブラウン一家の長女でしっかり者のジュディ役を担当した三戸なつめが出席。「子どもに冬休みの宿題を一生懸命やらせたのに、3学期初日に家に忘れていって…」(斉藤さん)、「前髪が短いので、ヘアアイロンをかけるときに、おでこを火傷してしまう」(三戸さん)とこちらもユニークな失敗談を語った。

世界40か国以上で翻訳された児童文学を、『ハリー・ポッター』のプロデューサーが実写化した本作。ペルーからやって来た礼儀正しいクマが、ロンドンで出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、慣れない都会暮らしでドタバタを繰り広げる冒険ファンタジーで、すでに世界興収で321億円を超えている。

クマ役の吹替えオファーに、「あまりに衝撃的で、何度も確認した」と戸惑いを明かす松坂さん。それでも「パディントンが終始可愛くて(笑)。とにかく早く、この可愛さを皆さんに届けたかった」と主人公の可愛らしさに“瞬殺”だったのだとか。「パディントンのように紳士的に、そして真摯に仕事に向き合えれば。パディントンのような優しい気持ちを持ち続けたい」と今年の目標を話していた。

「子ども向けの作品に思われるかもしれませんが、侮るなかれ」とアピールする斉藤さん。三戸さんは封切りを前に、パディントンとともに数々のプロモーションに参加しており、「たくさん思い出ができたから、これでしばらく会えなくなるのは、すごくさみしい。奈良出身なので、今度会ったら一緒にシカと遊びたい」と別れを惜しんでいた。

『パディントン』は全国で公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top