北川景子、恩師からのDAI語でのメッセージに「胸がいっぱい」 | Push on! Mycar-life

北川景子、恩師からのDAI語でのメッセージに「胸がいっぱい」

エンタメ エンタメ

北川景子/『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
  • 北川景子/『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
  • 『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
  • 『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
  • 『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
  • 『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
  • 『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
  • 『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
  • 『の・ようなもの のようなもの』初日舞台挨拶
結婚を発表した北川景子が1月16日(土)、『の・ようなもの のようなもの』の舞台挨拶に登壇。故・森田芳光監督の妻で森田組のプロデューサーを務めてきた三沢和子の祝福の手紙に「胸がいっぱいです」と感激。涙…のようなものは見せず、笑顔で作品を送り出した。

森田監督の商業映画デビュー作で35年前に公開された『の・ようなもの』の続編として森田組のスタッフやなじみのキャストが集結した本作。悩める落語家の人生探しを描き出す。舞台挨拶には主演の松山ケンイチ、35年前の前作に続く出演となる伊藤克信、尾藤イサオ、野村宏伸、杉山泰一監督も登壇した。

舞台挨拶ではキャスト陣、監督が本作や過去の森田組参加時の思い出などを語ったが、最後にサプライズで、三沢プロデューサーから松山さん、北川さんに宛てて書かれた手紙が司会者によって読み上げられた。

松山さんは『椿三十郎』で初めて森田組に参加し、遺作となった『僕達急行 A列車で行こう』では瑛太と共に主演を務めた。また、妻の小雪も森田監督のオリジナル脚本による『私出すわ』で主演を務めており、夫婦で森田組と深い縁を持つ。三沢プロデューサーは森田監督が「『男たちの大和』を見て『すごい役者を見つけた』と言っていた」と明かし、松山夫婦を「親戚の若いカップルのようなもの」と表現し「いつまでも幸せな家庭を築いてください」という言葉を送る。

これに対し松山さんは「森田監督と『ここはこうしたら』ともめたかった! そこまでいけなかった…」と悔しそうに語り「まだまだチャンスはあるなんて思っちゃダメ。次がない可能性もあるから『いま、ぶつかれよ』って思った」と漏らす。

また、三沢プロデューサーは手紙で北川さんの結婚を祝福! 「DIO――どうぞ、いつまでもお幸せに!」とDAI語で祝いの言葉を伝え「そして森田からは『北川、よかったな』」と森田監督の思いを代弁した。

北川さんは「初日なので最後まで笑顔でと思ったけど、ちょっと胸がいっぱいです」と感激の面持ち。「今日も、この様子を見てくださっていると思います」と満員の観客で埋まった客席を嬉しそうに見渡していた。

『の・ようなもの のようなもの』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top