【特別映像】クローンベビーの姿も… “タブー”に踏み込む『エリザベス 神なき遺伝子』 | Push on! Mycar-life

【特別映像】クローンベビーの姿も… “タブー”に踏み込む『エリザベス 神なき遺伝子』

エンタメ エンタメ

『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
  • 『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
  • 『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
  • 『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
  • 『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
  • 『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
  • 『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
  • 『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
  • 『エリザベス 神なき遺伝子』(C)2015 Closer To God, LLC
カナダ・モントリオールで開催された「2014年ファンタジア国際映画祭」で脚本賞を受賞した、人類の禁忌を描くバイオロジック・ホラー『エリザベス 神なき遺伝子』の公開に先駆け、本編映像の一部がどこよりも早くシネマカフェに到着した。

遺伝子科学者のヴィクター・リード博士は初めての人間のクローン創出に成功、その実験で生まれた女の子の赤ちゃんにエリザベスと名付ける。博士はエリザベスに様々なテストを行うがしかし、その行為と写真がマスコミに流出してしまい、それによって世界を揺るがす道徳的、宗教的大論争を巻き起こすことになる。やがてその論争の中で、エリザベス誕生に費やされた彼の過去と実験の失敗の数々が明らかになっていく。それは人類が見る究極の悪夢の始まりだった…。

本作は、映画が描いてはいけない領域、ヒトクローンの創出というタブーに踏み込んだ最狂マッドバイオロジック・ホラー。その禁断に踏み込んだ監督は、ビリー・セニーズ。また『ラスト・キャッスル』のジェレミー・チャイルズがリード博士を演じながら、製作も兼任している。

クローン人間が題材とされた作品は数多く存在していて、マンガやアニメ、SFドラマや映画で度々登場している。羊のドリーなど動物では数多くの成功例はいくつかあり、さらにはiPS細胞の登場によって、技術的にクローン人間が現実味を帯びて来た昨今。かつては空想物語がほとんどであったが、本作では「今もし“クローン人間”がつくられたらどうなるのか」を、リアリティ溢れる描写で描いている。


今回到着した映像は、クローン人間“エリザベス”の誕生の発表とともに、遺伝子科学者のヴィクター・リード博士がクローン人間の重要性を語るシーン。「人類の進化だ」と話す一方で、記者からの質問に対し、生みの親も、博士以外のドナーも明かせないなど、曖昧な答えを繰り返す様子に、彼しか知らない公にはできない“何か”の存在を感じさせる映像となっている。

幅広い世代に伝わるメッセージ性の高い本作は、ホラー映画だからこそヒトクローンが創出される現実の恐怖を表現することができている。人間の進化か、それとも神への冒涜か――、まずはこの映像で“人間製造”に取り憑かれた科学者の悪夢の一端を目撃して。

『エリザベス 神なき遺伝子』は1月16日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて、1月24日(日)よりシネ・リーブル梅田ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top