ディーン・フジオカ&加賀美セイラからコメント到着!「荒野のピンカートン探偵社」 | Push on! Mycar-life

ディーン・フジオカ&加賀美セイラからコメント到着!「荒野のピンカートン探偵社」

エンタメ エンタメ

ディーン・フジオカ/「荒野のピンカートン探偵社」(c)Pink Series, Inc.
  • ディーン・フジオカ/「荒野のピンカートン探偵社」(c)Pink Series, Inc.
  • 加賀美セイラ/「荒野のピンカートン探偵社」(c)Pink Series, Inc.
  • ディーン・フジオカ/「荒野のピンカートン探偵社」(c)Pink Series, Inc.
  • 「荒野のピンカートン探偵社」(c)Pink Series, Inc.
  • 「荒野のピンカートン探偵社」(c)Pink Series, Inc.
  • 「荒野のピンカートン探偵社」DVDジャケット写真(c)Pink Series, Inc.
NHK朝ドラ「あさが来た」の五代さん役や、スタートしたばかりの深田恭子主演ドラマ「ダメな私に恋してください」で“愛あるドS”黒沢役を演じ、現在ブレイク中のDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)が出演する海外ドラマ「荒野のピンカートン探偵社」。このほど、本作で準レギュラーを務めたディーンさんと、ある事件の鍵を握る日本人役でゲスト出演した加賀美セイラの2人からコメントが到着した。

本作は、1860年代のカンザスを舞台に、実在したアメリカ最古の探偵社のはじまりを描く痛快ミステリーアクションドラマ。台湾や香港などで活躍し、昨年、日本にも“上陸”したディーンさんが、初の全米放送ドラマに出演したことでも注目を集めている。

本作でディーンさんが演じるのは、第4話から登場するケンジ・ハラダというサムライ。ある使命を持って、奴隸制度が色濃くある時代にも関わらず、北米にやってきた東洋人を好演。劇中では、腰に日本刀を差し、見事な殺陣も見せている。

実は、迫力あふれるこのシーンには、ディーンさんの演出アイディアが随所に隠されているのだとか。たとえば、抜刀の所作について、「刀に手をかけることが“抜いたら斬る”という第1弾のアラート(警告)を意味するので、そこのクローズアップ撮影を提案してみたり、逆に刀を収めることも侍の美学に基づいた所作なので、ただ抜くシーンだけではなくて、収めるところまで映像に使ってはどうか、など提案しました」と語っている。日本人俳優だからこそ、監督に信頼され、アイディアを求められることも多かった様子だ。

また、本作にはモデル出身のマルチタレント、加賀美セイラも初の海外ドラマ出演を果たしている。加賀美さんが演じるのは、第11話より登場する謎の霊媒師・ミヨ。ピンカートン探偵社のメンバーや、ディーンさん演じるケンジにとって、事件の鍵を握る重要な人物だという。アメリカで撮影の1か月前から演技レッスンを受けたという加賀美さんは、「撮影中は笑いもあり、物凄いチームワークがある現場でした!」とふり返る。

第11話のエピソードタイトル「東洋から来た娘」にもあるように、ミヨは日本人の“霊媒師”という特殊な役柄上、日本語での演技も多かったという。「ミヨは実はペテン師なんですが…彼女を演じた経験は、本当に印象深かったです。最初のころは、常に眉間にシワを寄せて怒っている役だったのですが、(台本にある)変な文章を日本語に訳してから演技をしていたので、笑っちゃいそうになるときがありました。どんな日本語のセリフになっているかは…、お楽しみに! 多くの人に観て楽しんでいただければなによりです!」と、明るく見どころを語ってくれた。

北米ドラマに出演することが夢の1つだったという加賀美さんと、英語をはじめ5か国語を話せる国際派ディーンさんの参加により、西部開拓時代に随所にちりばめられた日本のエッセンスも、本作の見どころの1つとなりそうだ。

「荒野のピンカートン探偵社」はDVD-BOX I 発売中、DVD1~6レンタル中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top