今度の朝ドラヒロインは“お母さん"!子ども服専門店創業物語「べっぴんさん」制作決定 | Push on! Mycar-life

今度の朝ドラヒロインは“お母さん"!子ども服専門店創業物語「べっぴんさん」制作決定

エンタメ エンタメ

三鬼一希チーフ・プロデューサー&脚本家・渡辺千穂/平成28年度後期連続テレビ小説「べっぴんさん」制作発表
  • 三鬼一希チーフ・プロデューサー&脚本家・渡辺千穂/平成28年度後期連続テレビ小説「べっぴんさん」制作発表
  • 脚本家・渡辺千穂/平成28年度後期連続テレビ小説「べっぴんさん」制作発表
  • 脚本家・渡辺千穂/平成28年度後期連続テレビ小説「べっぴんさん」制作発表
現在、主演の波留をはじめ玉木宏、宮崎あおいら豪華キャスト陣で放送中の連続テレビ小説「あさが来た」。次回作には高畑充希を主演に迎えて贈る「とと姉ちゃん」の放送が控えているが、この度、さらに次回作となる平成28年度後期連続テレビ小説「べっぴんさん」の制作発表が行われた。

戦後、焼け跡の神戸。財産を没収され、家も焼かれ、出征から戻らぬ夫を待ちながら途方に暮れるお嬢様育ちのヒロイン・すみれは、幼い娘のため生き抜く手段として「子ども服専門店」を起業。しかし戦地から復員した夫は、当初、妻たちが働くことに猛反対。儲けよりも「子どものため、ママのためによりよいモノを作りたい」という子ども本位の「モノづくり」も理解してはくれなかった…。だが、やがて彼女たちの意気込みに触れ、共に“男社会”の衣料品ビジネスの世界に風穴を開け、ついには宮内庁御用達と認められるまでに! 後年、すみれは、大人になった娘たちとともに、念願だった「子どものモノなら何でもそろう」日本初の総合子ども用品店をオープンさせることになるのだった。

連続テレビ小説95作目にして大阪放送局制作で40作目となる本作は、子ども服専門店を創業した実在の人物・坂野惇子をモデルにした物語。戦前から戦後の混乱期、そして高度経済成長期の神戸・大阪を舞台に、娘のため、女性のために、子ども服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけるヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう姿が描かれる。

脚本を務めるのは、2002年連続ドラマ「天体観測」で脚本家デビューを果たし、以降「名前をなくした女神」「サキ」「ファースト・クラス」などのドラマや、『レインツリーの国』『植物図鑑』など映画作で、家族、青春、恋愛、悪女ものなど幅広いジャンルを執筆する脚本家・渡辺千穂。子どものために明るく、逞しく生きる母親がヒロインの本作を執筆するにあたり、なんと渡辺さん自身も現在、妊娠中だという。「いま、私は臨月なんですけども、出産の準備をしておりまして、いまでも役に立つものが、昔の資料に載っているのを見ると、本当に感慨深い思いになります。そういった自分も重ねて書いていきたいと思っております」と思いを語った。

本作のチーフ・プロデューサー、三鬼一希は「朝ドラの伝統である“朝を元気にする”ということを今回のテーマに、新しいドラマを作って、10月から放送していきたいと思いますので、皆様、よろしくお願いいたします」と意気込みをコメントした。

「あさが来た」「とと姉ちゃん」などに負けず劣らずの豪華キャスト陣や主題歌アーティストなど、今後の続報を期待して待ちたい。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top