綾野剛、“日本一ワルな警察官”のビジュアル解禁!『日本で一番悪い奴ら』 | Push on! Mycar-life

綾野剛、“日本一ワルな警察官”のビジュアル解禁!『日本で一番悪い奴ら』

エンタメ エンタメ

『日本で一番悪い奴ら』ティザービジュアル -(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
  • 『日本で一番悪い奴ら』ティザービジュアル -(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
  • 『日本で一番悪い奴ら』主演の綾野剛
  • 『日本で一番悪い奴ら』白石和彌監督
山田孝之主演の『凶悪』で日本映画界を震撼させた白石和彌監督が、いま最も多忙な俳優・綾野剛と初タッグを組む『日本で一番悪い奴ら』。このほど、本作待望のティザーポスタービジュアルが解禁。役作りのためクランクインからアップまで体重を10kg増減させたといわれる綾野さんが、手錠をつかみ、どこかうつろな視線を投げかける姿が明らかとなった。

“日本警察史上最大の不祥事”と呼ばれる「稲葉事件」をモチーフに、綾野さんが日本一ワルな警察官を演じる本作。「稲葉事件」とは、2002年7月、北海道警察の生活安全特別捜査隊班長・稲葉圭昭警部が、覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕、有罪判決を受けた事件。公判において、道警察による「やらせ捜査」や「銃刀法違反偽証」などの不祥事が明るみに出るとともに、道警の裏金事件が2003年に発覚するきっかけともなった。

『凶悪』で国内の各映画賞を総ナメにした白石監督が、同作のプロデューサーチームと再び社会のタブーに挑む本作で、綾野さんは“黒い警部”の異名を残す実在の男をモデルにした刑事・諸星を演じ、その26年間にわたる驚くべき半生が描かれる。綾野さんが多忙な身でありながら、白石監督の最新作であること、脚本の圧倒的な内容に惚れ込んだことから、「何を犠牲にしても出演するべき作品」と感情を露わにオファーからわずか3日で出演を快諾した意欲作だ。

映画化決定の第1報以降、いっさい劇中スチール等が解禁されていない中、初めて到着したのは綾野さん演じる諸星を映し出したティザービジュアル。警察官の制服に身を包み、敷き詰められた拳銃の上で手錠をつかみ、どこかうつろで睨みつけるような目をこちらに向けている。また、その姿は正義の象徴ともいえる警察と『日本で一番悪い奴ら』というタイトルのギャップを一層際立たせ、警察のシンボルマークも銃弾が撃ち込まれたようになっているなど、インパクト大。

さらに、本作の原作「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」が本ティザービジュアルが全帯として施された新装文庫版として、1月15日(金)より全国の書店にて発売されることも決定。今後の続報が、ますます気になるところだ。

『日本で一番悪い奴ら』は6月25日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top