今年のトレンドは白×シフォンドレス…GG賞レッドカーペットに登場した優美な女優陣 | Push on! Mycar-life

今年のトレンドは白×シフォンドレス…GG賞レッドカーペットに登場した優美な女優陣

エンタメ エンタメ

ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ&アンバー・ハード&アリシア・ヴィキャンデル/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
  • ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ&アンバー・ハード&アリシア・ヴィキャンデル/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
  • ブリー・ラーソン/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
  • キルステン・ダンスト/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
  • ケイト・ウィンスレット/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
  • ジュリアン・ムーア/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
  • ブライス・ダラス・ハワード/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
  • ケイト・ブランシェット/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
  • アリシア・ヴィキャンデル/第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式(C)Getty Images
第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式が10日(現地時間)、ロサンゼルスのビバリーヒルトン・ホテルで開催。レッド・カーペットは女優たちが華やかな装いで賑わった。

『ルーム』でドラマ部門主演女優賞を受賞したブリー・ラーソンは、「カルヴァン・クライン・コレクション(Calvin Klein Collection)」のゴールドのドレス。全面にビーズをほどこしたホルターネックのドレスは主演女優賞にふさわしい輝きだが、豪華なだけに、着用するとかなり重いそう。「ジャンヌ・ダルクの鎧を着ているみたいに護られている気分」とブリーはレッド・カーペットで話していた。

『Joy』(原題)でミュージカル/コメディ部門主演女優賞に輝いたジェニファー・ローレンスは「ディオール(Dior)」の赤いカットアウト・ドレス。正面からはウエストの両サイドで少し肌見せしているが、背中は大きく開いている。首もとを飾るショパールのダイアモンド(トータルで156.77カラット)のネックレスが目を引いた。

助演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットは「ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)」のネイビー・ブルーのホルターネック。深いブルーはお気に入りの色で、昨年10月に行われた同作のロンドン・プレミアで着用した「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」のドレスも同色だった。大人の女性の落ち着いた美しさにぴったりのこの色は、プレゼンターを務めたジュリアン・ムーア(「Tom Ford(トム・フォード)」)やブライス・ダラス・ハワード(「ジェニー・パッカム(JENNY PACKHAM)」)もセレクト。今年の授賞式の密かな人気カラーだった。

TV部門のリミテッドシリーズ/TV映画部門で女優賞を受賞したレディー・ガガは、プラチナブロンドのボブヘアからクラシックテイストの黒のドレスまで、マリリン・モンローを意識した装いで登場。「アトリエ・ヴェルサーチ(ATELIER VERSACE)」のベルベットのドレスはオフショルダーでウエストを絞ったデザイン。ハリウッド黄金時代を思わせるレトロなスタイルで、出席者の誰よりも映画女優然としていた。

惜しくも受賞は逃した候補者も、ファッション・アイコンとして一目置かれる女優たちばかり。『キャロル』のケイト・ブランシェットは「ジバンシィ(GIVENCHY)」のオートクチュールのドレス。淡いピンクでゴージャスな刺繍と裾にフリンジをあしらったデザインで、ヘアスタイルはワンサイドに寄せたボブ。フェミニンな魅力が光った。同じく『キャロル』でノミネートされたルーニー・マーラが、「アレクサンダー・マックイーン」の2016春コレクションから選んだのもペールピンクのドレス。髪は高い位置でひとつにまとめて三つ編みのおさげにした。

『リリーのすべて』でドラマ部門主演女優賞、『Ex Machina』(原題)で助演女優賞候補だったアリシア・ヴィキャンデルは、広告キャンペーンにも出演している「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のシークインの白いドレス。衿とノースリーブの肩口にフリルをあしらった甘めのデザインが清楚な表情にぴったり。『ブルックリン』(仮題)でドラマ部門女優賞候補だったシアーシャ・ローナンも白を選んだ。「サン・ローラン(Saint Laurent)」のドレスはウエストの高い位置でマークしたギリシャ風のデザイン。同じく「サン・ローラン」の白のドレスだが、上半身がデコラティブでボリュームあるデザインを選んだのは『Youth』(原題)で助演女優賞候補だった78歳の大女優、ジェーン・フォンダ。TV部門リミテッドシリーズ/TV映画部門で女優賞候補だった「FARGOファーゴ」のキルステン・ダンストは「ヴァレンティノ(Valentino)」のオートクチュール・ドレス。ウエストまで大きく開いたプランジネックがセクシー。

プレゼンターを務めたアンバー・ハードのピンクのシフォン・ドレスは「グッチ(Gucci)」。花があしらわれたネックラインがポイントだ。ケイティ・ペリーも「プラダ(PRADA)」のシンプルなピンクのドレスをチョイス。ジェニファー・ロペスは鮮やかなイエローのドレス。「ジャンバティスタ・ヴァリ(GiAMBATTiSTA VALLi)」のオート・クチュールは上半身の露出は少なめだが、ももの上まで切り込まれたスリットから美脚を披露した。
《text:Yuki Tominaga》

特集

page top