【デトロイトモーターショー16】VW ティグアン 新型、PHVにアクティブコンセプト…オフロード仕様 | Push on! Mycar-life

【デトロイトモーターショー16】VW ティグアン 新型、PHVにアクティブコンセプト…オフロード仕様

自動車 ニュース

フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
  • フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
  • フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
  • フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
  • フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
  • フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
  • フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
  • フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
  • フォルクスワーゲン ティグアンGTE アクティブコンセプト
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは1月10日、『ティグアンGTE アクティブコンセプト』の概要を明らかにした。実車は1月11日(日本時間1月11日深夜)、米国で開幕するデトロイトモーターショー16で初公開される。

フォルクスワーゲンは2015年9月、フランクフルトモーターショー16において、新型『ティグアン』をワールドプレミア。同時に、プラグインハイブリッド(PHV)コンセプトカー、『ティグアン GTE』を初公開した。

デトロイトモーターショー16で発表されるティグアンGTE アクティブコンセプトは、このティグアン GTEの発展形。オフロード仕様に進化したのが特徴になる。

外観には、バンパープロテクション、アンダーガード、フェンダーエクステンション、サイドシルガード、ルーフラック、LED補助ライトなどを追加。足元には、245/70R16サイズのBFグッドリッチのオフロードタイヤを装着する。最低地上高も引き上げられた。

パワートレインは、ティグアンGTE譲りのPHV。1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンは、最大出力148hp、最大トルク25.4kgm。モーターは前後に置かれ、フロント側が54hp、リア側が114hpを発生する。トータル出力は221hp。トランスミッションは6速DSGで、フロント側のモーターと一体設計された。4WDの「4モーション」は、オフロード志向の設定。

二次電池は蓄電容量12.4kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大32kmをゼロエミッション走行可能。燃料満タン状態で、930km以上の走行を実現している。
《森脇稔》

特集

page top