【ブリヂストン プレイズ PX 発表】“疲れにくい”を脳波パターンで実証 | Push on! Mycar-life

【ブリヂストン プレイズ PX 発表】“疲れにくい”を脳波パターンで実証

自動車 ニュース

ブリヂストン プレイズ PX 発表会:満倉准教授のセッション
  • ブリヂストン プレイズ PX 発表会:満倉准教授のセッション
  • 慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 准教授 満倉靖恵氏
  • ブリヂストン プレイズ PX 発表会:満倉准教授のセッション
  • ブリヂストン プレイズ PX 発表会:満倉准教授のセッション
  • ブリヂストン プレイズ PX 発表会:満倉准教授のセッション
  • 感性アナライザのセンサーモジュール
  • 感性アナライザでストレス値を表示させた状態
ブリヂストンが発表した、「疲れにくいタイヤ」プレイズ PXシリーズは、運転中のストレスの蓄積を抑えることで疲れにくさを実現している。ストレスが少ないという性能は、大学の脳波研究の成果をもとに評価・検証されたという。

プレイズ PXシリーズが本当に疲れにくいのか、という検証に応用されたのは、慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 満倉靖恵准教授の研究だ。脳波とは脳内で発生する電気的活動を頭皮上の電極で記録したものであり、満倉准教授の研究は、このパターンを信号処理することで人の感情を抽出するというものだ。そして、さまざまな感情のうち、脳波パターンを分析することで、興味、好き、ストレス、集中、眠気といった5つの感性を抽出し、可視化・定量化する簡易型脳波測定感性評価キット「感性アナライザ」を開発した。感性が定量化できるため、感性アナライザは、企業の製品開発などにも応用されている。

感性アナライザは、ヘッドセットのようなセンサーユニットと、その情報を受信して感性を分析、グラフ化するソフトウェアから構成される。ブリヂストンは、満倉准教授の監修のもと、感性アナライザを栃木のテストコースに持ち込み、複数のドライバー(被験者)による比較走行テストを行った。比較は、従来品であるエコピア EX20とプレイズ PX20を装着した同じ車種を同じコースを走らせて、ストレス値をモニタリングした。

実験の結果は、すべての被験者で走行中のストレス値が下がる傾向が見られたという。
《中尾真二》

特集

page top