生田斗真、『土竜の唄』続編製作決定に「バッチ来~い!!」 | Push on! Mycar-life

生田斗真、『土竜の唄』続編製作決定に「バッチ来~い!!」

エンタメ エンタメ

「土竜の唄」(C)高橋のぼる・小学館
  • 「土竜の唄」(C)高橋のぼる・小学館
  • 『土竜の唄』 -(C) 2014「土竜の唄」製作委員会 (C)高橋のぼる・小学館
2014年2月に公開し大ヒットした生田斗真、三池崇史、宮藤官九郎の強力タッグで贈る『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』。この度、本作の続編が製作されることが決定。さらに主演の生田さんからコメントが到着した。

原作は、2005年に連載を開始して以降、これまで単行本47巻を既刊、シリーズ累計650万部を突破した、高橋のぼる による漫画「土竜の唄」。現在も「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載され、人気を博している。

本作は、あるヤクザ組織を壊滅させるために送り込まれた“金髪・童貞”の落ちこぼれの警察官・菊川玲二(生田さん)が、潜入捜査官“モグラ”として犯罪組織に潜り込み、悪戦苦闘していく姿をコミカルかつスリリングに描く映画。「5分に1度何かが起こる潜入エンターテインメント!」として、大きな話題を呼んだ。

そして今回、2014年2月に公開し、興行収入21.9億円を記録した本作の続編の製作が決定。監督に三池崇史、脚本を宮藤官九郎、主演に生田さんのタッグはそのままに、前作よりもさらにパワーアップしてスクリーンに帰ってくるという。

また今回の続編決定について主演の生田さんは「土竜の唄続編製作決定、僕自身本当に本当に楽しみにしています。皆さんの期待に応えられるように前作よりも更にパワーアップして帰ってきますのでご期待ください。バッチ来~い!!」と喜びのコメントを寄せている。

続編となる本作にて、果たして玲二は無事にターゲットを検挙し、モグラとしてのミッションを成し遂げることができるのか!? また、前作の生田さんの“裸で車のボンネット”が衝撃的かつ笑いと話題を巻き起こしたが、続編では更にそれを上回る生田さんの体を張った演技に期待が高まりそう。今後の続報を楽しみに待ちたい。
《cinemacafe.net》

特集

page top