【予告編】二階堂ふみ、色っぽい姿披露!『蜜のあわれ』艷やかで濃密な恋物語が誕生 | Push on! Mycar-life

【予告編】二階堂ふみ、色っぽい姿披露!『蜜のあわれ』艷やかで濃密な恋物語が誕生

エンタメ エンタメ

『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
  • 『蜜のあわれ』(C)2015『蜜のあわれ』製作委員会
金沢三文豪の一人である室生犀星の小説を、主演に二階堂ふみを迎え映画化する『蜜のあわれ』。この度本作の予告編とチラシビジュアルが解禁され、また新たに永瀬正敏が出演することが明らかとなった。

赤子(二階堂さん)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬さん)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きた…。

『狂い咲サンダーロード』『逆噴射家族』など、ジャンルを超越した強烈な世界観で熱狂的な支持を受け、『シャニダールの花』『ソレダケ/that's it』と精力的に作品を創りつづけている石井岳龍が監督を務める本作。撮影を、『悪人』『許されざる者』などをの名カメラマンの笠松則通が20年ぶりに監督をタッグを組み、『るろうに剣心』『十三人の刺客』の澤田石和寛が衣装を担当。室生さんの地元である石川県金沢市・加賀市を中心に富山県でもロケが行われ、原作小説に流れる幻想的な文学的世界観が表現されている。

今回出演が明らかとなった永瀬さんは、金魚売りのおじちゃん・辰夫役として参加。永瀬さんは、石井監督が“石井聰亙”名乗っていた時代の作品である『五条霊戦記 GOJOE』やテレビ版「私立探偵 濱マイク」などの出演を経て、ひさびさの石井組への参加となる。

今回解禁された予告編冒頭では、肩をあらわにした二階堂さんが、真っ赤な尾ひれを彷彿とさせる衣装に身を包み「ねぇおじさま、尾ひれはね、優しくなでおろすようにするの…」と色っぽくささやく。さらに「短い人生を愉しいことでいっぱいにすべきよ!」とおじさまに迫る小悪魔的な仕草や、可愛らしいダンス、そして軽やかな楽曲が、観る者を不思議な世界へ誘う映像に仕上がっている。他にも、真木さん演じるゆり子の幽霊や、高良さん演じる芥川龍之介、金魚売りの永瀬さんら、映画ファンにとっても心躍るキャストたちの姿も映し出されている。


さらに、同時に公開されたポスターでは、衣装に身を包んだ二階堂さんがソファに寝そべる色っぽい姿が、「人を好きになるということは愉しいものでございます」という言葉とともに映し出されている。今後も出演作が目白押しとなる若手実力派・二階堂さんが挑む新たな一面を覗いてみて。

『蜜のあわれ』は4月1日(金)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top