【独女のたわごとvol.16】残念女子に共感!? 付き合う前にチェックしたい“大切なポイント” | Push on! Mycar-life

【独女のたわごとvol.16】残念女子に共感!? 付き合う前にチェックしたい“大切なポイント”

エンタメ エンタメ

『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『きみといた2日間』 - (C) 2013 APARTMENT TWO, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
キラキラ感あふれるクリスマスは確かに美しくて気分はあがりますが、おひとりさま的にはお正月感の方がほっとします。そんなこんなで今年も悲しいかな、実家に帰って、こたつに入って、おせちを食べる“いつもの”正月になりそうな古山エリーです。今年最初のたわごと、お付き合いくださいませ。

この人「いいなぁ、素敵だなぁ」と思ったときに、真っ先に確認するのは、やはり結婚しているのかどうか、恋人はいるのかどうか、相手の現状確認。必須です。そんなの当たり前でしょ? という方は心配ないですが、世の中にはいろんなトラップがありまして──どっからどう見ても独身の生活だよね? という場合でも、実は…ということがあったり。ですから、過去の痛い経験を活かして、最近は5つの項目をチェック、チェック! 先ほど挙げたものも含みますが、1. 独身かどうか 2. 彼女はいるかどうか 3. 子どもはいるかどうか 4. バツのありなし 5. 女性が好きかどうか です。5番に関しては、過去、好きになった人が女子より男子が好きだったことがあり、追加しました(その彼とは、いまではすっかりお友だちです)。

今回、紹介する映画は『きみといた2日間』。映画と個人的なチェック項目とどう関係あるのかというと──。この映画、ネット恋活を題材にしたラブストーリーなんですね。クリスマス間近なのに、結婚の約束をしていた彼にフラれ、医大を卒業したデキる女子なのになぜかニートで、ルームメイトからは「家賃を払わないなら、彼氏と暮らしたいんだけど…」と言われてしまう残念女子メーガン(アナリー・ティプトン)がヒロインです。独身女子はみょーに共感しちゃうはず。で、メーガンはしばらくグダグダするんですが、この状況をなんとかしなくちゃと「ロマンス.com」というオンラインデーティングサイトに登録。自分のチェック項目に当てはまる人を見定めていくわけです。で、「この人、いいかなー」と選ばれたのがアレック(マイルズ・テラー)。『セッション』で血まみれになりながらドラムを叩いていたあの彼が、ごくごくフツーの青年を演じています。

恋活サイトで出会った男女が、ワンナイトラブを経てどういう関係を築いていくのかがメインストーリー。一目惚れとも違う、友だちから発展するわけでもない、じゃあこの2人がうまくいく要素があるとしたら何なの? 実は、恋愛において大切なものが描かれているんです、この映画。記録的な雪が降ったことでアパートに閉じ込められた2人が過ごす2日間、限られた時間と空間でのお話ですが、会話が続く、言いたいことが言える、(いろんな)共同作業がある…など、こういうポイントで距離が縮まっていくのか、この視点で相手を選んだらいいのか…と、ヒントは盛りだくさんです。

というわけで、四十路女子もネットで恋活が可能かどうか、そのリサーチから2016年をスタートさせようと思います。今宵のたわごとはここまで。また次回。(text:Elie Furuyama)
《Elie Furuyama》

特集

page top