ジョセフ・G=レヴィット&ベン・ウィショー…結婚して公私ともに絶好調な男たち | Push on! Mycar-life

ジョセフ・G=レヴィット&ベン・ウィショー…結婚して公私ともに絶好調な男たち

エンタメ エンタメ

『ザ・ウォーク』
  • 『ザ・ウォーク』
  • 『ザ・ウォーク』
  • 『ザ・ウォーク』
  • 『ザ・ウォーク』
  • 『ザ・ウォーク』
  • 『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • エディ・レッドメイン&アリシア・ヴィキャンデル/『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • エディ・レッドメイン/『リリーのすべて』 (C)2015 Universal Studios. All Rights Reserved.
東出昌大と杏、染谷将太と菊地凛子の元旦入籍というビッグニュースから始まり、福山雅治と吹石一恵、山本耕史と堀北真希、戸次重幸と市川由衣、直近では「下町ロケット」の山崎育三郎と安倍なつみなど、日本では2015年も人気俳優たちの結婚ラッシュとなった。

海外に目を移してみると、例えば、最新作『ザ・ウォーク』で地上411mに張ったワイヤーロープを命綱なしで渡る、という前代未聞の挑戦に挑んだ実在の人物を演じ、注目を集めているジョセフ・ゴードン=レヴィットは、2014年暮れに結婚し、いまや一児の父。そんなジョセフをはじめ、先日パパになることが分かったエディ・レッドメイン、さらにはベン・ウィショーやデイン・デハーンなど、結婚して仕事も絶好調となっているイケメン俳優たちに迫った。

●「守ってあげたい!」愛され系男子、ベン・ウィショー
『007 スペクター』のQ役が高い評価を受け、2016年は『白鯨との闘い』『パディントン』『ロブスター』『リリーのすべて』と待機作が目白押し、いま大人気のベン・ウィショー。洋服の袖はちょっと長めの“萌え袖”、どこか乙女チックな仕草が多いのに少年っぽさもあり、いつもミステリアスな空気をたたえている35歳の彼は、2012年に、『ブライト・スター ~いちばん美しい恋の詩~』で知り合った作曲家のマーク・ブラッドショウと入籍。とはいえ、結婚後はいままで以上にオファーが殺到し、もちろん女性ファンも後を絶たない。

●気だるげ&おちゃめな姿のギャップ萌え系男子、デイン・デハーン
『ディーン、君がいた瞬間(とき)』が公開中のデイン・デハーンは、レオナルド・ディカプリオの再来とも評される注目株。あどけなさが残る美少年すぎる顔立ちと、ガラス細工の様な脆さ、どこか影のある雰囲気で人気を博しているが、どんな大作であっても自分が納得しないオファーは受けない、というしっかり者の29歳。そんな堅実ぶりは恋愛にも通じており、26歳で長年交際していた女優のアナ・ウッドと結婚。そのうち、ハリウッドから引っ張りだことなり、『アメイジング・スパイダーマン2』のハリー・オズボーン役にも抜擢と、“アゲマン”の姉さん女房をゲットした。

●細いのに演技は骨太! そばかす王子系男子、エディ・レッドメイン
いまノリに乗っている俳優の筆頭株といえば、『レ・ミゼラブル』のマリウス役で女性の心を鷲掴みにしたエディ・レッドメイン。ブレイクの後、すぐに昔からの友人だった投資会社の広報担当ハンナ・バグショーとゴールイン。昨年は『博士と彼女のセオリー』でスティーヴン・ホーキング博士を演じ、アカデミー賞「主演男優賞」を獲得。最新作『リリーのすべて』でも、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベという難役に挑戦しており、2年連続のオスカー獲得か!? ともいわれるほど。その育ちのよさがにじみ出る見た目からは想像もつかない、骨太な演技が絶賛を受けている。『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作にも抜擢された前途洋々の、そばかすがチャームポイントの33歳だ。

●『(500)日のサマー』の草食系男子が前代未聞の挑戦、ジョセフ・ゴードン=レヴィット
1974年、NYのワールド・トレード・センターのツインタワーの間をワイヤーロープ1本でつなぎ、高さ411m、地上110階の道なき空間で、命綱なしの空中闊歩に挑んだ実在の人物フィリップ・プティのチャレンジを描く『ザ・ウォーク』に主演するジョセフ。『(500)日のサマー』での草食系男子のイメージが強いが、本作で実在の人物を演じたジョセフは、自ら危険なスタントを申し出たり、フランス語のアクセントを完璧なものにしたりと、演技への変わらぬ熱意を形にしている。

こうしたジョセフの取り組み方については、モデルとなったプティ本人も、「ゼメキス(監督)がぼくにこう言ったんだ。『ジョセフが君からワイヤー・ワークを習う以外に、あの特訓の日々の中で何をしていたと思う? 彼は君という人間の癖や訛り、そしてクレイジーさを学んでいたんだ。映画の中に、それが活かされているよ』とね。映画を見たら、まったくその通りだったよ」と証言するほど。

結婚して人気が衰える…どころか、ますます活躍の場が増えているイケメン俳優たち。それは、もちろん確かな演技力があってのこと。公私ともに絶好調すぎる彼らの活躍は、2016年も留まることはなさそうだ。

『ザ・ウォーク』は1月23日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top