高速道路の路肩をバックで走行、後続車に弾き飛ばされる | Push on! Mycar-life

高速道路の路肩をバックで走行、後続車に弾き飛ばされる

自動車 ニュース

21日午後0時40分ごろ、滋賀県大津市内の名神高速道路上り線で、本線上をバックで進行していた軽トラックに対し、順走していたトラックが衝突する事故が起きた。この事故で軽トラックを運転していた83歳の男性が死亡している。

滋賀県警・高速隊によると、現場は大津市一里山6丁目付近で片側4車線の直線区間。軽トラックは草津パーキングエリア(PA)の分岐点あたりから幅員約1.4mの路肩をバックで進行していたが、第1車線にはみ出したところ、後ろから進行してきたトラックが衝突した。

軽トラックは前方に弾き飛ばされて中破。運転していた草津市内に在住する83歳の男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因で約2時間後に死亡した。トラックを運転していた京都府京都市内に在住する43歳の男性にケガはなく、警察は自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞いている。

事故の直前、警察には「PAからバックで出てきたクルマがいる」との通報が相次いでいた。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

特集

page top