メルセデスベンツ Gクラス 一部改良…2016年のSUVイヤーを予告するモデル | Push on! Mycar-life

メルセデスベンツ Gクラス 一部改良…2016年のSUVイヤーを予告するモデル

自動車 ニュース

メルセデスベンツ G550
  • メルセデスベンツ G550
  • メルセデスベンツ G550
  • メルセデスベンツ G550
  • メルセデスベンツ G550
  • メルセデスベンツ G550
  • メルセデスベンツ G550
  • メルセデスベンツ G550
  • メルセデスベンツ G550
一部改良を施したメルセデスベンツ『Gクラス』がデビュー。その中核モデル『G550』には、『メルセデスAMG GT』とコンポーネントを共有する最新V8エンジンと、新サスペンションが採用された。

メルセデスベンツGクラスは、「1979年の誕生以降基本的なスタイリングと堅牢なボディはそのままに、常に最適なパワートレーンと装備を加えながら進化を続けてきた」と振り返るのは、メルセデス・ベンツ日本製品広報課の嶋田智美さん。また、「35周年を迎えた昨年は6輪駆動の『G63AMG 6×6』を発表するなど話題を提供し続けている」という。

今回の一部改良では、ラインナップ全てのモデルで最高出力が向上した。特に中核モデルであるG550ではエンジンを変更。メルセデス AMG GTや、『メルセデス AMG C63』に搭載される最新のAMGの4リットルV8直噴ツインターボエンジンをベースに新開発された “M176型”を搭載。従来のG550と比較し、最高出力で 34馬力(387馬力から421馬力)、最大トルクで80Nm(530Nmから610Nm)アップしている。

サスペンションは電子制御油圧式のアダプティブダンピングシステムを採用し、「俊敏性や快適性が高いレベルで実現している」(嶋田さん)。

このGクラスを含めて現在メルセデス・ベンツ日本のSUVラインナップは5車種ある。嶋田さんは、「あまり知られてないことだがプレミアムブランドとしては最多の車種数となっている」と話す。

メルセデス・ベンツ日本の2015年のテーマは“エンジン革命”として展開してきたが、「来年は“SUVイヤー”とし、さらにいっそう充実したSUVモデルを拡充していく予定だ」と嶋田さん。東京モーターショー15で参考出品した『GLEクーペ』や、『GLC』などが導入予定であるほか、「メルセデスのSUVを実際に体験できる場所や、機会を順次設けていく予定だ」と説明。

そして、この来年のSUVイヤーの予告的な位置づけとして「Gクラスの一部改良型を本年最後に発表した」と語った。
《内田俊一》

特集

page top