イライジャ・ウッド&ジョセフ・G=レヴィットらハリウッドの草食系男子が次々肉食化!? | Push on! Mycar-life

イライジャ・ウッド&ジョセフ・G=レヴィットらハリウッドの草食系男子が次々肉食化!?

エンタメ エンタメ

『ゾンビスクール!』 (C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved
  • 『ゾンビスクール!』 (C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved
  • 『ゾンビスクール!』 (C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved
  • 『ゾンビスクール!』 (C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved
  • 『ゾンビスクール!』ポスタービジュアル (C)2014 Cooties, LLC All Rights Reserved
  • 『完全なるチェックメイト』 (C)2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Tony Rivetti Jr.
  • 『完全なるチェックメイト』 (C)2014 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved. Photo Credit: Tony Rivetti Jr.
  • 『ザ・ウォーク』
  • 『ザ・ウォーク』
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで、平和と自然を愛するホビット族の主人公ビルボを演じたイライジャ・ウッド。だが、主演最新作『ゾンビスクール!』では、ゾンビ化してしまったキッズたちと笑撃(?)のサバイバルバトルを繰り広げている。そんな彼をはじめ、トビー・マグワイア、ジョセフ・ゴードン=レヴィットら、ハリウッドで活躍する“草食系”俳優たちが、話題の新作では“肉食系”作品に出演していることが分かった。

『ゾンビスクール!』でウッドが演じるのは、小説家を目指してニューヨークに移るも、なかなか芽が出ず、故郷に戻り母校の小学校に臨時教員として働くことになる主人公クリント。劇中でも、独創的なホラー小説の執筆に勤しみ、ピンチの時には「僕には勇気の欠片もない!」と自ら言い放つなど、いかにも草食系男子だ。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでは穏やかなホビット族を演じていたが、本作のクリントも争いを好まず、思ったことをロクに言えない気弱さ。しかし、赴任早々、小学校の給食に出てきたチキンナゲットをきっかけにキッズゾンビが大繁殖、教師たちに襲い掛かってくるとなれば、生き残るために戦わねばならない。だが、新しく到着した場面写真で見せるクリントの表情は、キッズゾンビと対峙して恐怖におびえ、やはり“草食系”感満載。とはいえ、彼がその小学校に赴任したのには思わぬ“肉食系”的な理由もあり…。教師VSキッズゾンビのバトルのみならず、このド“草食系”のクリントが“肉食系”へと変貌していく様子も見どころとなりそうだ。

また、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』シリーズで、等身大な悩みを抱える草食系ヒーローを好演したトビーは、自身もベジタリアンとして知られ、草食系男子を地で行く存在。しかし、実話を基にした新作『完全なるチェックメイト』(12月25日公開)では、常軌を逸した戦略で勝利をもぎ取ろうとする貪欲さがみなぎる、実在の天才チェスプレイヤーを演じている。

一方、『(500)日のサマー』で現実主義の彼女との恋愛に悩むロマンチストな青年を演じ、“肉食系”カルチャー女子の萌え心に火を点けたジョセフ・ゴードン=レヴィット。『ザ・ウォーク』(1月23日公開)では、命綱なし、ワイヤー1本で、ワールドトレードセンターの間を空中闊歩するという無謀すぎる挑戦をした実在の人物を演じ切る。

次々と“肉食化”する彼らだが、やはり魅力的なことに変わりはない。彼らの新境地ともいえる変貌を、スクリーンでも確かめてみて。

『ゾンビスクール!』は2月20日(土)よりシネマサンシャイン池袋ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top