【インタビュー】アリエル・ホームズ、映画のように生きて…『神様なんかくそくらえ』 | Push on! Mycar-life

【インタビュー】アリエル・ホームズ、映画のように生きて…『神様なんかくそくらえ』

エンタメ エンタメ

アリエル・ホームズ - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
  • アリエル・ホームズ - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
  • 『神様なんかくそくらえ』 - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
  • 『神様なんかくそくらえ』 - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
  • アリエル・ホームズ - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
  • 『神様なんかくそくらえ』 - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
  • 『神様なんかくそくらえ』 - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
  • アリエル・ホームズ - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
  • 『神様なんかくそくらえ』 - (C) 2014, Hardstyle, LLC. All Rights Reserved.
『神様なんかくそくらえ』というタイトル、それに劣らぬ大きなインパクトをもたらすのは、ポスターにも大きく映し出されたヒロイン、アリエル・ホームズの美しさだ。

2014年東京国際映画祭においてグランプリを受賞し、監督のジュシュア&ベニー・サフディが最優秀監督賞に輝いた本作。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督は「これこそ真の映画だ!」と本作を絶賛し、その挑戦的なタイトルと衝撃的な内容は、世界中の映画祭で賛否を巻き起こした。

ニューヨークのストリートで暮らす青年たちの日常を、徹底したリアリティで描いた本作は、アリエル・ホームズの実体験に基づいて制作されている。その美しさからは想像もできない路上での生活、自殺企図とドラッグへの依存ー22歳の新星アリエル・ホームズとはいったい何者なのか、その魅力に迫った。

監督から、自伝の執筆を依頼されたアリエルは、ニューヨーク中のアップルストアを廻って手記「マッド・ラブ・イン・ニューヨークシティ」を書き上げる。ホームレスであった彼女にとっては、ニューヨーク中が執筆場所になったのだ。路上での生活から一転し、女優としてインタビューを受けているこの現状について尋ねると、自身の人生は“映画のようだ”と明かす。

「人生には何回か転換点があり、これもまた人生のひとつの局面だと思っているの。その時まで、私には何か楽しみを持つということや、野心、何かをやりたいという気持ちはなかったわ。あの時、あの仕事をもらったのはとても良いタイミングだった。書くこと自体が楽しいプロセスだった。それを映画にするということはとても素敵なことだし、自分の人生は映画のようだと思ったこともあったので、実際にそれをできて、冒険のような感じがしたわ」。

彼女の手記に感銘を受けたサフディ兄弟は、本格的な映画化へと着手する。主人公・ハーリーは彼女以外にはありえなかったと監督は話すが、アリエルにとって映画出演はおろか演技も初体験。しかしながら、ショッキングな冒頭シーンからラストのクライマックスに至るまで、アリエルは閃光のような存在感を発揮している。以前から、詩や散文などに親しみ、演技にも興味はあったという彼女だが、撮影をどのように挑んだのだろうか。

「自分自身を演じるのは大変ではないかとよく言われるけれど、私は自分のままでいたからそんなに大変じゃなかった。カメラの前で緊張することもなかったわ。恐らく、14歳からホームレスとして路上でうろうろしていたからいつも人に囲まれていたし、最近まで生活の中にプライバシーというものがなかったから、そういうことも影響しているんでしょうね」。

最後に、好きな映画監督について尋ねると、デヴィッド・リンチ、スタンリー・キューブリック、ロバート・アルトマンとアート寄りの名前がずらり。好きな俳優は? という質問には「ジャックニコルソンが好きで、ジェイク・ギレンホールには一時恋をしていたわね」とアリエル。本作での衝撃のデビューを経た次回作では、『Winter’s Dream』 (原題)や、シャイア・ラブーフと共演する『American Honey』(原題)の公開が控える彼女だが、女優としての今後の展望について尋ねると、「面白いストーリーがあればやってもいいと思っているんだけど、自分の活動のメインとしてやっていくつもりはないの。学校にまた戻ろうと思っているわ。音楽もやりたいと思っているの」と、意外にも演技に対してはフラットなスタンスのよう。もしかしたらバンドを組んでデビューなんてこともあり得るかもしれない。

ニューヨークのストリートを生きるホームレスから、国際映画祭を騒がせる問題作のヒロインへ。映画のような人生を生きる彼女の、人生のような映画を、ぜひ目撃して欲しい。

『神様なんかくそくらえ』は、12月26日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top