【インタビュー】アダム・ドライバー、カイロ・レンを演じる男の素顔 | Push on! Mycar-life

【インタビュー】アダム・ドライバー、カイロ・レンを演じる男の素顔

エンタメ エンタメ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバー/photo:Nahoko Suzuki
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバー/photo:Nahoko Suzuki
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバー/photo:Nahoko Suzuki
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバー/photo:Nahoko Suzuki
  • 赤いライトセーバーを握る謎のキャラクター「カイロ・レン」/『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』-(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバー/photo:Nahoko Suzuki
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバー/photo:Nahoko Suzuki
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』アダム・ドライバー/photo:Nahoko Suzuki
記者数名がテーブルの上に置いたボイスレコーダーに目を留めるや、「君のレコーダーはこれかい?」と確認しつつ質問者のレコーダーをいちいち手に取り、「それでは、お答えします」と妙にかしこまって話し始めるお茶目さ。こんなにもユーモラスでチャーミングな人が、全世界待望の超大作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で“悪役”を演じるのだから面白い。鑑賞後、その理由が分かった気もしたが、まずはその場にいる誰も本編を目にしていない時に行ったインタビューを振り返る。

アダム・ドライバーが演じたカイロ・レンは、「謎めいていて、いつ爆発するか分からない人物」。赤い十字のライトセーバーを操り、主人公・レイらの前に立ちはだかるカイロ・レンを、アダムは「できるだけ現実味のあるキャラクターにしたかった」と言う。「『スター・ウォーズ』の世界が常に現実というものを感じさせるように、重要だったのは、キャラクターをどうやって現実のものにしていくか。ダース・ベイターはダークサイドを完璧に体現するイメージで登場するけど、カイロ・レンの場合は違う。普通なら悪と見なすものも、彼にとっては正義。自分のすべてを正当化しているんだ」。

そのため、役へのアプローチに特別な変化が生じることもなかったそう。「壮大なSF世界の一員になるのも、例えば『フランシス・ハ』のようなヒューマンドラマの登場人物になるのも、結局は同じことだと思うんだ」と断言する。「もともと役へのアプローチ方法は固め過ぎないようにしているしね。あまり決め込んでしまって考えが狭くなるのも問題だし、どんなに考えても正しい答えはないから。ただ、やっぱり『スター・ウォーズ』はあまりに巨大な作品だから、圧倒されて固くなってしまう部分も確かにあったと思う。でも、そんな時、監督のJ.J.(エイブラムス)が言ったんだ。『1つの瞬間がまた1つの瞬間を生み、それが積み上がって出来上がるのが物語というものなんだ』とね。その言葉を聞いて、世界がパッと開けた気がしたよ。それでいいんだってね。僕はただ、瞬間ごとの真実を求めて積み重ねていけばよかったんだ」。

話に上った『フランシス・ハ』から『奇跡の2000マイル』、そして現在も放送中の人気ドラマ「GIRLS/ガールズ」まで、これまでも数々の作品で存在感を放ち、彼の魅力を知る女性ファンはすでに多数。だが、カイロ・レン役をきっかけに男性ファンも急増するのではないか。そう告げると「ワオ」とほんの一瞬照れて呟きつつも、地に足のついたコメントが返ってきた。「そういった変化はまだ分からないけど、いろいろな人が僕の出演作を観てくれている実感は確かに増してきたかな。映画やドラマは大勢の人に届くものだからね。でも、いろいろな役と化す俳優としては、誰にも知られていないスパイのようであるのが本当はベスト。だから、とりわけ『スター・ウォーズ』のような超大作に出ると、大勢の人たちに気づかれるようになって本当にありがたい反面、もうスパイではいられないんだな…って(笑)。けれど、こうやって日本や世界を訪れることができて、その国々の文化にも触れ、自分の作品を好きでいてくれる人たちと出会えるのはやっぱりすごく嬉しいこと。心から感謝しています」。

今後も、マーティン・スコセッシ監督、遠藤周作原作の『Silence』、マイケル・シャノン、キルスティン・ダンスト共演の『Midnight Special』など、気になる新作が続々と待機。そんな中、「僕にとっては、どの監督とどんな映画を作るかが何よりも大事」と明かす。「ストーリーや役柄に面白さを感じるのであれば、どんなにささやかな作品でも、逆に身構えてしまうほどの超大作でも出演したい。これからも素晴らしい監督たちと仕事ができるよう願うばかりだよ」。

ダークサイドに魅せられるカイロ・レンとは対照的に、とことんナイスガイの素顔を見せるアダム。そこには謙虚さがあり、奢りがない。「何が正しいことなのか、なるべく決めつけないようにしているんだ。それは本当に正しいことなんだろうか? そうやって常に自分自身に問い掛けるようにしないと、視野が狭くなってしまうからね。人は自分の考えが正しいと思いがちだし、その物差しで他人を判断しがちだけど、自分自身に問い掛けられる自分であることが大事。自分以外の人間の立場に立って物事を考えられる自分であること、そうやって世界を広げられる自分であることを心掛けている。…というより、そんな自分であればいいのになって、反省の気持ちを込めて言っている部分もあるんだけどね(笑)」。

インタビューのちょうど1週間後、スクリーンの中で目にしたカイロ・レンは単なる“悪役”ではなく、アダムの目指した「現実味のあるキャラクター」であり、「普通なら悪と見なすものも、彼にとっては正義。自分のすべてを正当化している」という言葉通りの脆く切ない青年だった。その人間味たっぷりの脆さは、あえて語弊のある言い方をすれば、可愛らしさにも見える。マスクを脱いだ瞳の潤み、颯爽としたアクションも含め、男性ファンもさることながら女性ファンがますます急増するのではないか。そんな気がした。
《text:Hikaru Watanabe/photo:Nahoko Suzuki》

特集

page top