ジョニー・デップ、ハリウッドでギャラをもらいすぎ俳優の第1位に | Push on! Mycar-life

ジョニー・デップ、ハリウッドでギャラをもらいすぎ俳優の第1位に

エンタメ エンタメ

ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • ジョニー・デップ-(C)Getty Images
  • 『フライト』ジャパンプレミア(デンゼル・ワシントン)
  • リーアム・ニーソン-(C)Getty Images
  • ウィル・スミス -(C) Getty Images
  • チャニング・テイタム-(C)Getty Images
  • クリスチャン・ベイル-(C)Getty Images
  • ブラッド・ピット-(C)Getty Images
経済誌「フォーブス」が2015年に最もギャラをもらいすぎた俳優のリストを発表、ジョニー・デップがトップを飾った。

最近の出演作3本を対象に、ギャラ1ドルに対する利益を算出したところ、ジョニーは1ドル20セントで1位になってしまった。対象作は『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』、『トランセンデンス』、そして『ローン・レンジャー』。いずれも巨額の製作費をかけながら興行収入面で惨敗を喫した大作ばかりだった。

2位のデンゼル・ワシントン(6ドル50セント)を大きく引き離すことになったジョニーだが、最新主演作『ブラック・スキャンダル』(2016年1月31日公開)では、製作費5,300万ドルに対して現時点で9,460万ドルの興収を上げ、巻き返している。

ちなみにベスト10入りした俳優は全員男性だが、同様に「フォーブス」が発表したベスト・バリュー(ギャラ1ドルに対する利益が高額)俳優のリストではトップ5のうち4人が女優(ミラ・クニス、スカーレット・ヨハンソン、グウィネス・パルトロウ、エマ・ストーン)がランクイン。同リストで8位のジェニファー・ローレンスが先日発表したエッセイで指摘した、ハリウッドにおけるギャラの男女格差が見てとれるような結果となった。


ギャラをもらいすぎ俳優(ギャラ1ドルに対する利益額)
1位 ジョニー・デップ(1ドル20セント)
2位 デンゼル・ワシントン(6ドル50セント)
3位 ウィル・フェレル(6ドル80セント)
4位 リーアム・ニーソン(7ドル20セント)
5位 ウィル・スミス(8ドル60セント)
6位 クリスチャン・ベール(9ドル20セント)
7位 チャニング・テイタム(10ドル80セント)
8位 ブラッド・ピット(12ドル)
9位 ベン・アフレック(12ドル30セント)
10位 トム・クルーズ(13ドル60セント)

ベスト・バリュー俳優(ギャラ1ドルに対する利益額)
1位 クリス・エヴァンス(181ドル80セント)
2位 ミラ・クニス(87ドル30セント)
3位 スカーレット・ヨハンソン(84ドル90セント)
4位 グウィネス・パルトロウ(82ドル90セント)
5位 エマ・ストーン(54ドル)
6位 クリス・ヘムズワース(42ドル10セント)
7位 ヴィン・ディーゼル(40ドル30セント)
8位 ジェニファー・ローレンス(39ドル10セント)
9位 マーク・ウォルバーグ(37ドル90ドル)
10位 ドウェイン・ジョンソン(28ドル10セント)
《text:Yuki Tominaga》

特集

page top