【年賀状2016】2016年はSNSで年賀状!今からでも間に合う簡単スマホ年賀状アプリ | Push on! Mycar-life

【年賀状2016】2016年はSNSで年賀状!今からでも間に合う簡単スマホ年賀状アプリ

教育 教育

「ウェブポ年賀状印刷2016」
  • 「ウェブポ年賀状印刷2016」
  • 「ウェブポ年賀状印刷2016」年賀状作成画面
  • 「スマホで年賀状 2016」
  • 「スマホで年賀状 2016」作成画面。干支から縁起物もまで豊富なスタンプが用意されている
  • 「はがきデザインキット2016」
  • 「はがきデザインキット2016」作成画面。メッセージやスタンプを配置
  • 「はがきデザインキット2016」。完成したら送る方法を選択
  • 「はがきデザインキット2016」の宛先画面
 近年、新年のあいさつをTwitterやLINEなどのSNSで送る人が増えている。スマホで撮りためた写真を使って簡単に年賀状を作成しSNSで送れるアプリのほか、プリンターがなかったり相手の住所がわからなかったりする場合でも、手軽に年賀状を送れるサービスを紹介していく。

◆スマホやPCで年賀状を送ろう!知っておきたい4つの方法

 まず、スマホで年賀状を送る際、印刷代行やSNS送付など4種類の方法が選べることを知っておきたい。
--
(1) アプリで作成した年賀状を印刷代行してもらい自宅に届けてもらい、投函のみ自分で行う。宛名は自分で書きたい、一言手書きを添えたい人にお勧め。

(2) アプリで年賀状を作成し、印刷と投函まで代行してもらう。時間がない人はこちら。

(3) アプリやウェブサービスで年賀状を作成し、TwitterやLINE経由で相手に年賀状送付を知らせる。知らされた相手が承諾し、自分の住所を入力すると、印刷投函をアプリ経由で行なえる。SNSのみのつきあいや、住所がわからない相手に、実際の年賀状を送りたい場合に便利。

(4) アプリやウェブサービスで作成した年賀状データを画像として保存し、TwitterやFacebook、LINEなどにメッセージとして投稿する。年賀状より、気軽に新年のあいさつを送りたい人向き。
--

 アプリを利用したサービスなら印刷を代行してくれるため、自宅にプリンターがなくても大丈夫。自分のこだわりや、送る相手のことを考え、ベストの送り方を選ぶのがお勧めだ。

 iPhone、AndroidやPCで利用できる年賀状アプリを紹介する。

◆印刷はおまかせ! 手書きの一言は添えたい人向け
「ウェブポ 年賀状印刷2016」リプレックス(iPhone/Android/PC)

 印刷文字ばかりでは味気ない。相手に合わせた一言を添えたい場合は、印刷のみを代行してもらう方法がお勧め。元旦までに届けたい場合、自宅へ発送してもらう時間を考慮して注文しよう。

 「ウェブポ」は、アプリから豊富なデザインを選び、写真や文字、スタンプなどでアレンジして、オリジナル年賀状を作成する。干支の申(さる)だけでなく、キャラクターも豊富。価格は、宛名印刷もした場合、印刷代とハガキ代込みで1枚130円から。広告つきで印刷料金が無料になる「スポンサー付き年賀状」も用意されている。投函代行も無料で行っている。

◆過去の年賀状から宛名を自動登録! 印刷から投函までおまかせ
「スマホで年賀状 2016」コネクト(iPhone/Android)

 「スマホで年賀状 2016」は700種類以上のデザインが用意されており、自分の写真を入れたり、スタンプなどでアレンジしたりできる。最大の特徴は、これまで届いた年賀状の住所と名前部分をスマホで撮影するだけで、宛先帳に自動で登録してくれる「宛名スキャン機能」。宛名を入力している時間がない人には重宝しそうだ。

 価格は、宛名込みの印刷代とハガキ代で1枚130円から。投函代行は無料で、まとめて注文した場合、「まとめ割」もある。作成した年賀状は、印刷・投函代行のほか、印刷のみ代行、Twitterやメールで年賀状を送りたい相手に連絡をとることもできる。

◆住所を知らなくてもSNS経由でリアル年賀状をお届け
「はがきデザインキット2016」日本郵便(iPhone/Android/PC)

 日本郵便による年賀状作成アプリ。4ステップで簡単にオリジナル年賀状を作成できる。相手の住所がわかない場合、Twitterやメールだけでなく、電話番号だけでも送れるのが特徴。送りたい相手に事務局からメッセージが届き、相手が受け取りを承認した場合のみ年賀状が届けられる仕組みだ。相手は自分の住所を公開せず、自分の送り先の住所を記入しなくてもオーケーだ。

◆LINE、Twitter、Facebookで手軽に年賀状を送る!
「おしゃれ年賀 2016」Foglio Inc.(iPhone)

 実際の年賀状を送るにはちょっとという場合でも、SNS経由ならば気軽に新年のあいさつができる。「おしゃれ年賀 2016」は豊富なテンプレートから、自分の写真をはめ込んで作成する年賀状アプリ。複数枚の写真を配置できるデザインが特徴で、12枚貼って月ごとの子どももの成長を見せるのにも最適。作った年賀状は、即LINEやTwitter、Facebookにも送れる。アプリ経由で印刷や投函代行まで可能。

◆メールに年賀状を添えてごあいさつ
「無料年賀状作成:Web筆まめ」筆まめ(iPhone/Android)

 SNSを使っていない相手にネット経由で送りたい場合、メールが最適だ。アプリで作成した年賀状の画像データをメールに添付して、新年のごあいさつに送ってみよう。

 パソコン用年賀状ソフトの定番「筆まめ」のアプリ版では、無料テンプレート以外に有料のデザインやイラストを追加で利用できる(有料コンテンツ価格480円、2015年12月18日~2016年1月4日までは期間限定で240円)。作成した年賀状データは、自分で印刷したり画像形式で保存したりできるほか、アプリから直接Twitter投稿やメール添付も可能だ。

 今年も残すところ10日あまり。年賀状作成が間に合いそうにない人は、代行サービスやSNSで送れるアプリを活用して、新年のあいさつをしてみてはいかがだろうか。
《相川いずみ》

特集

page top