【予告編】メリル・ストリープ、超そっくりな“娘”と向き合う…『幸せをつかむ歌』 | Push on! Mycar-life

【予告編】メリル・ストリープ、超そっくりな“娘”と向き合う…『幸せをつかむ歌』

エンタメ エンタメ

『幸せをつかむ歌』ポスター
  • 『幸せをつかむ歌』ポスター
  • メリル・ストリープ母娘共演『幸せをつかむ歌』
  • メリル・ストリープ母娘共演『幸せをつかむ歌』
3度のアカデミー賞受賞を誇るメリル・ストリープが、実娘メイミー・ガマーと母娘役で初共演を果たす『幸せをつかむ歌』。このほど、どこまでも破天荒で“ロック”なママぶりが伺える予告編と、ポスタービジュアルが解禁となった。

歌を愛し、ミュージシャンになるために家族を捨てた母親。数十年後、“私”は結婚したけど、旦那に捨てられ、また一人になった。自暴自棄に陥っていたとき、あの母親が帰ってきた。大っ嫌いな母親、大っ嫌いな彼女の歌声…。だけど、“私”を孤独から救ってくれたのは、彼女の勇気と愛情と、その魂の歌声だった――。

昨年『イントゥ・ザ・ウッズ』で美しい歌声を披露したことも記憶に新しい名女優メリル・ストリープが、実の娘であるメイミー・ガマーと母娘役で共演。破天荒なロック・ミュージシャン役に挑戦し、グラミー歌手リック・スプリングフィールドとともに数々の名曲を生声で披露する本作。

解禁となった予告編映像で描かれるのは、夢を捨てられず家族を捨ててミュージシャンになったリンダ(メリル)が、元夫(ケビン・クライン)からの電話で娘のジュリー(メイミー)が夫に捨てられたことを知り、いてもたってもいられず彼女に会いに戻った日々。娘や家族との久しぶりのひととき…のはずが、なかなかその溝は埋まらない。


また、バンドメンバー・グレッグ(リック)とは息の合ったプレイも見せているが、この映像にも使われている、リンダが歌い上げるオリジナル曲「Cold One」は、劇中にも度々登場し、娘のみならず家族との絆を再び取り戻すための鍵となっていく。アカデミー賞前哨戦の中でもとりわけ注目される、サテライト賞の「主題歌賞」にノミネートされている楽曲だ。

なお、メリルは、次回作『Florence Foster Jenkins』(原題)でも“史上まれに見る音痴なオペラ歌手”役で歌を披露することになっており、これからも、天才的ななりきり演技のみならず、“歌うメリル”が注目の的となりそうだ。

『幸せをつかむ歌』は2016年3月5日(土)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top