【CES16】パイオニア、走行空間センサーなど自動運転関連の最新技術を紹介 | Push on! Mycar-life

【CES16】パイオニア、走行空間センサーなど自動運転関連の最新技術を紹介

自動車 ニュース

「3D-LiDAR」を搭載したセンシングイメージ
  • 「3D-LiDAR」を搭載したセンシングイメージ
  • 小型軽量で1万円での供給を目指す「3D-LiDAR」
パイオニアは、2016年1月6日から9日まで米国ラスベガスで開催される、世界最大のコンシューマー・エレクトロニクス見本市「2016 インターナショナル CES」に出展する。

パイオニアブースでは、自動運転実現のためのキーデバイスと言われている走行空間センサー「3D-LiDAR」や、「高精度な自車位置推定」、「高度化地図の効率的な整備・運用システム(データエコシステム)」など、同社が開発・構築中の自動運転関連技術を展示する。

また、新型コックピット「In-Vehicle Context Awareness」を参考出品。ドライブ中に変化する状況を先読み技術により推定し、ドライバーにとって必要な情報を最適なタイミングで提供する先進的なコネクテッドカーライフを、シミュレーターで模擬運転しながら体験できる。

そのほか、点灯時には後方のみへ発光しながら運転席からの後方視界も確保する透過型ハイマウントストップランプや、スマートフォンとの連携を強化したNEXシリーズなど最新のカーエレクトロニクス製品を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top