竹内結子&橋本愛、クリスマスにいい思い出なし? 『残穢』スペシャルトークライブ | Push on! Mycar-life

竹内結子&橋本愛、クリスマスにいい思い出なし? 『残穢』スペシャルトークライブ

エンタメ エンタメ

橋本愛、竹内結子、中村義洋監督/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』スペシャルトークライブ
  • 橋本愛、竹内結子、中村義洋監督/『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』スペシャルトークライブ
  • 『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋-』(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
  • (c) 2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
  • 『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋-』(C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美の小説を映画化した『残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―』。このたび本作の公開を記念して12月17日(木)、大阪・なんばパークスにて主演の竹内結子、橋本愛、中村義洋監督が登壇し、スペシャルトークライブが開催された。

小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から1通の手紙が届く。「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」。好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか…。「私」たちは、やがてさらなる事件に巻き込まれていく――。

第26回山本周五郎賞を受賞した原作小説を、来年すでに本作と『殿、利息でござる!』の公開が控えている中村監督がメガホンをとり映画化する本作。気温2度の極寒の中、会場には700人の観客が集まった。

クリスマスシーズンにちなみ、司会者からクリスマスの思い出を尋ねられると、竹内さんは「現実的で申し訳ないのですが、竹内家にはサンタが一度しか来たことが無いんです(笑)。小学校5年生の頃に一度来たんですが、その後で箱の大きい小さいで兄妹大喧嘩になり、ちょっとした修羅場だったんですね。以降サンタが登場することが無くなってしまいまして(笑)」というエピソードを披露。さらに橋本さんも「1月12日が誕生日なので、プレゼントがいっしょくたにされてしまうという…。クリスマスプレゼントというよりは、誕生日に合わせてもらってきたので、あまりサンタさんに思い出が無いですね…(笑)」と二人して、クリスマスの苦い(?)エピソードを明かした。

作品について話が及ぶと、竹内さんは当初怖くて台本をまともに読めなかったようで、「私自身はすごく怖がりなんですよ。ゾンビのようなスプラッタ、おなかがパカッと開いたりとかは大丈夫なんですけど(笑)。じわじわくる日本人ならではという怖い話はからっきしダメで、台本読むのに一か月かかりました。怖くて。中村監督からオファーがあると聞きまして、お受けしまして、その後で“こういうお話です”と言われて、順番間違えたな、と思いました(笑)」と述懐。さらに、橋本さんの役柄を男の子だと思っていたというエピソードが披露されると、「弁解させてください! はじめは読んだんですけれど、自分の絡んであるところだけチラッと読んで…(笑)だから“久保さん”というキャラクターは男性の相棒だと思っていました(笑)。なので“橋本さんはどこに出るんだろうなぁ”と(笑)」と語り、笑いを誘っていた。

さらに話は共演者の坂口健太郎に及び、中村監督は「坂口君がやった役は、九州の心霊現象ならなんでも知ってるという役なんですね。そうするともっとおじさんをキャスティングしようと思ったのですが、ハマる人がなかなかいないんです。“心霊現象を何でも知ってる!”という説得力がある20代後半の役者なんて。坂口君か…森山未來さんくらいですね(笑)。そういう得体のしれないものを感じる部分、魅力があるのが坂口君ですね」と坂口さんの“気持ち悪さ”を絶賛した。

最後に竹内さんは「怖いのが苦手だという人も、私は二回目の試写では泣きましたので。こんなに泣ける話なんだ、と思いまして。本当に泣ける怖さです(笑)。そして一人で見るのが怖いという人は、”一人で見るのが怖いの”ということで誘う口実にしていただけたら、と思います(笑)。ある種のデートムービーとしてお勧めします!」と、本作の魅力をアピールしていた。

『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』は、2016年1月30日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top