ギネス記録のオンラインゲームを完全映画化!『ウォークラフト』初映像解禁 | Push on! Mycar-life

ギネス記録のオンラインゲームを完全映画化!『ウォークラフト』初映像解禁

エンタメ エンタメ

『ウォークラフト』ファーストビジュアル (C)Universal
  • 『ウォークラフト』ファーストビジュアル (C)Universal
  • 『ウォークラフト』ファーストビジュアル (C)Universal
  • 『ウォークラフト』ファーストビジュアル (C)Universal
ギネス記録を持つ世界的大ヒットのオンラインゲーム「ワールド・オブ・ウォークラフト」が、『ミッション:8ミニッツ』などを手がけてきたダンカン・ジョーンズ監督により実写映画化される『ウォークラフト』。その日本公開が2016年に決定し、併せて、初の映像となる迫力満点のファースト・トレーラーが解禁となった。

2008年、プレイヤー数が1,000万人を突破し、大人数同時参加型のオンラインRPGとしてギネス世界記録を樹立、これまでに延べ1億人以上がプレイしている、世界で最も人気のあるゲームが原作となる本作。人間、ドワーフ、エルフ、オークといった様々な種族が登場し、剣や魔法が存在するファンタジーの世界を舞台に、高貴で勇敢なオークと、不撓不屈の精神を持つヒューマンとの果てしなき闘争を両者の面から描き出していく。

また、トレーラーでも明らかになっているように、そのスペクタルなファンタジーの世界観は圧巻。本作の特殊効果は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』など数々の作品を手がけてきたVFXスタジオ「インダストリアル・ライト&マジック(ILM)」が担当、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でアカデミー「視覚効果賞」を獲得したビル・ウェステンホファーも参加する。

監督を務めたのは、デヴィッド・ボウイの息子であり、『月に囚われた男』『ミッション:8ミニッツ』など、オリジナルの世界観を持つSF作品で知られるダンカン・ジョーンズ。出演は、『ギャングバスターズ』のオーストラリア俳優トラヴィス・フィメルが主演に抜擢され、『パシフィック・リム』のロバート・カジンスキー、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のポーラ・パットン、『ローン・サバイバー』のベン・フォスター、『キャプテン・アメリカ』シリーズのドミニク・クーパーといった実力派が集結。

なお、本作はすでに世界中の注目を集めており、海外のオンライン上で初映像が解禁されると、7日間で約1億回という再生回数を記録。ジョーンズ監督はこの大反響を受け、「これは『アバター』であると同時に『ロード・オブ・ザ・リング』のような物語でもある。とても、とても壮大な映画です」と自信の程を語っている。



かつて『ダークナイト』シリーズや『インターステラー』などを手がけ、『ジュラシック・ワールド』でユニバーサル・スタジオとタッグを組んだレジェンダリー・エンタテイメントが贈る壮大な物語の幕開けを、こちらの映像から確かめてみて。

『ウォークラフト』は2016年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top